検索

FXトレード

英国No.1 FXプロバイダー1のお届けするスピーディーかつ高い信頼性を誇る先進のFX取引。通常のFX取引に加えFXバイナリーもご利用頂けます。

口座開設

リアルタイムレート|FX

マーケット 売値 買値 更新時間 変動値
liveprices.javascriptrequired
USD/JPY
-
-
-
-
EUR/JPY
-
-
-
-
AUD/JPY
-
-
-
-
AUD/USD
-
-
-
-
GBP/JPY
-
-
-
-

※上記リアルタイムレートは参考レートであり、取引が保証されるものではありません。

通貨ペアを検索する

このボックスを使って通貨ペアに関するマーケットデータやニュース・分析を検索することができます。

この機能は、JavaScriptが必要です。

共有ファインダー

※こちらの検索フォームは現在、半角英数字のみの対応となっております。

  • FXリスク限定オプション

    最大損失が限定されるオプション取引。主要通貨ペアがお取引頂けます。取引時間は最長23時間と短くデイトレードに最適です。

  • 為替ダイレクト

    大手グローバル銀行、その他流動性プロバイダーなどインターバンク参加者の提示するプライス情報でFX取引が可能。上級者向けサービス。法人顧客限定。

IG証券でFXをトレードするメリット

  • 豊富な通貨ペアをご用意

    全ての主要通貨ペアはもちろん、ブラジル・レアルをはじめとした新興国通貨やトルコリラやハンガリー・フォリントなどの特殊通貨を含む通貨ペアまで幅広いニーズを満たす取り揃えです。

  • キャッシュバック・プログラム

    取引するほどに、キャッシュバック額がアップするFXアクティブトレーダー向け「取引ロット数連動型プログラム」。

  • ProRealTimeチャート

    IG証券のフラッグシップ取引プラットフォームと一体化して利用できる高機能チャートパッケージ。自動取引システムProOrderも搭載。

  • プライス最適化

    IG証券では、お客様の希望された水準より不利なレベルで約定しないことを保証いたします。市場がお客様の予想に反して変動した場合は、再注文をお願いしております。ご希望に沿わないレートでの約定はいたしません。

  • FXバイナリーオプション

    FX取引で保有しているポジションのリスクヘッジまたはさらなる利益獲得のためラダーオプションとワンタッチオプションのFXバイナリーを活用し、より戦略的なFX取引を行うことができます。

  • 充実のモバイルトレーディング

    Apple iOS、Android、Windowsスマートフォン及びタブレット専用アプリをご用意。デスクトップ取引プラットフォームに限りなく近い高機能をモバイル環境でご利用頂けます。Apple Watchにも対応。

外国為替市場とは?

FX(外国為替証拠金取引)が初めての方は、まず外国為替市場の基本的な仕組みについて理解しましょう。

外国為替市場は世界各国の金融機関等が参加する取引量・流動性とも世界最大の金融市場です。世界中の外国為替取引における1日の推定取引高は4兆米ドル超と言われています。

外国為替市場は店頭取引市場です。つまり、通貨の売買は取引所というよりも二者間で直接行うことを意味します。外国為替市場は、オンラインで24時間つながっているバーチャルな金融市場で取引の中心に位置付けられる場所は存在せず、任意の外国為替ブローカーを介してどこからでも取引を行うことが可能です。証券取引所のような物理的な建物が存在しないことが大きな特徴です。

一日の取引はニュージーランドとオーストラリアで始まり、その後、日本からヨーロッパ、そしてアメリカへと世界中を移動していきます。アメリカで夜終了した取引がその後ニュージーランドへと再び引き継がれます。

東京、ロンドン、ニューヨークは世界三大外国為替市場と呼ばれています。

あざみ陽子が外国為替市場の基本的な仕組みを
分かりやすく解説

FXでは「買い取引」と「売り取引」の2種類の方法があります

ここでは、外貨を買うことから始める「買い取引」で利益を狙う方法、外貨を売ることから始める「売り取引」で利益を狙う方法をご紹介します。

今すぐ口座開設

IG証券の口座開設は、4ステップで完了する簡単なお手続きです。
まずは、お手元に運転免許証などの本人確認書類をご用意ください。

口座開設

こちらのコンテンツもお勧めです

  • IG証券のマーケットデータ

    外国為替、個別株式、株価指数、債券先物、商品をカバーするグローバル市場約7,500銘柄のマーケットデータを無料で提供。プライスデータ、チャート、企業財務データ、市場センチメント、アナリストレーティング、ニュースなど日々の分析に欠かせない必須データが満載です。

  • 経済カレンダー

    その日の重要な経済イベントが一目でわかるカレンダー。「予想値」、「前回値」、「発表結果」データの提供に加え、国名や影響度によるイベントのスクリーニング機能も搭載。

  • IG TV

    IG証券の提供する最新のマーケットニュース、金融商品、投資手法やリスク管理に関する学習ビデオなど日々のトレーディングを強力にサポートする多様な動画コンテンツを提供しています。

リテールFX取引アクティブ口座数。Investment Trends UKレバレッジ取引レポート 2014

FX取引方法

FX取引方法

IG証券ではすべての通貨ペアが手数料無料にてお取引可能、維持証拠金も取引額の4%にて新規ポジションが保有できます。

※一部の通貨ペアで維持証拠金率が異なります。

お客様はFX取引において、お客様自身のマーケット予想に基づいて、買いからでも売りからでもお取引できます。弊社がお客様からいただく手数料は無料です。
お客様の取引コストは、売値と買値の価格差であるスプレッドとなります。
詳しくは右側関連情報より、FX契約詳細情報(商品説明)をご覧ください。

実際のFXの取引例:

外国為替証拠金取引では、各通貨ペアの為替レートが下表のように表示されます:

通貨ペア、為替レート画面お客様は、左側(USD/JPYの場合USD)に表示の通貨が、右側(USD/JPYの場合JPY)に表示の通貨に対して値上がりすると予想する場合は 買い取引をし、反対に値下がりすると予想する場合は売り取引をします。

ですから、お客様が、米ドルが日本円に対して値上がりする(ドル高/円安)と予想した場合、USD/JPYの買い取引をすることとなります。反対に、米ドルが日本円に対して値下がりする(ドル安/円高)と予想した場合は、USD/JPYの売り取引をすることとなります。

お取引例:USD/JPYの買い取引

ポジションの保有方法ポジションの保有方法

USD/JPYの買い取引例お客様は、ドル/円の買い取引をしたとします。弊社の売値/買値は 82.393/82.402です。お客様は買値である82.402にて5ロットの取引(取引額にして$500,000に相当)を執行したとします。

ポジションの清算方法

ポジションの清算その後、ドル/円は 82,432/82.441まで上昇しました。お客様は82,432にて5ロットの売り取引を行うことで利益を確定することにしました。お客様のこの取引における利益額は以下のように計算されます:

利益計算

清算ポジション
82,432 x $500,000 (5 ロット)= ¥41,216,000
保有ポジション
82.402 x $500,000 (5 ロット)= ¥41,201,000
この取引における利益額
¥ 15,000


総利益額の正確な算出には日計で発生するスワップポイント(金利調整額)を考慮する必要があります。

スワップポイント

日にちをまたがって、ポジションを保有した場合、お客様が保有するドル/円の金利調整としてスワップポイントがお客様の口座に反映されます。

原則として、金利の高い通貨を買い、金利の低い通貨を売った場合はスワップポイントの受け取り、金利が高い通貨を売り、金利の低い通貨を買った場合はスワップポイントの支払いとなります。ただし、為替市場の流動性等さまざまな要因により、受け取りから支払いに転じたり、売り買いともに支払いになる場合があります。

詳しくはスワップポイントをご覧ください。

FXの買い取引例

買い取引とは?――「円高で買い、円安で売る」ことで利益を狙う取引

USD/JPY 買い取引例「買い取引」とは、ドル/円など対円取引の場合、円が高いとき(円高ドル安)に外貨を買い、円が安くなったら(円安ドル高)外貨を売って、その差額によって利益を狙う取引です。
つまり、お客様が「ドルが円に対して値上がりする(円安ドル高になる)」と考えた場合、「ドル/円の買い取引をする」ということになります。

例えば、1ドル=100円のときにドルを買い、その後為替レートが変動して1ドル=110円(円安)になったときにドルを売る(円を買い戻す)と、10円(110円-100円)の利益になります。

例:ドル/円の買い取引

では、ドル/円を例に「買い取引」の具体的な取引方法を解説しましょう。

STEP1:ポジションを保有する

USD/JPY チケット現在、ドル/円の売値89.991/買値90.000で取引されているとします。
お客様は今後、ドルの価格が上昇する、つまり円安ドル高になると予想し、5.0ロット(1.0ロット=100,000ドル)の買いポジションを保有しました。

このとき、取引によって発生する金額は以下のようになります。

総取引金額:

買値90.000×100,000ドル×5.0ロット=45,000,000円

必要な維持証拠金:
買値90.000×100,000ドル×5.0ロット×4%(※1)=1,800,000円
※1:維持証拠金額は、総取引額に対して4%(レバレッジ25倍相当)です。

未実現損益:
1ロット当たり、1ピップの値動きで±1,000円(0.01(※2)×100,000ドル×1.0ロット)。
5.0ロットなので±5,000円
※2:買値と売値の価格差であるスプレッドは0.9ピップ(買値90.000-売値89.991)、
手数料はないので、1.0ピップ(=0.010)上昇すれば未実現利益が発生します。

STEP2:ポジションを清算する

USD/JPYチケット<ドルの価格が上昇した場合>

その後、お客様の予想通りドルの価格は上昇し(円安ドル高)、ドル/円が売値91.000/買値91.009に達したところで5.0ロットすべてを清算することにしました。
本取引での利益金額は下記の通りです。

損益の計算

売総取引金額:
売値91.000×500,000ドル(5.0ロット)=45,500,000円

買総取引金額:
買値90.000×500,000ドル(5.0ロット)=45,000,000円

⇒損益額:
売総取引金額45,500,000円-買総取引金額45,000,000円=+500,000円

総損益の計算にはスワップポイント(下記参照)を考慮する必要があります。
詳しくは契約詳細情報(商品情報)をご覧ください。

スワップポイントについて

FX取引でポジションを保有した場合、2通貨間の金利差によって「スワップポイント」と呼ばれる受け払いが発生します。
取引する2通貨の金利を比較したとき、原則として「金利の高い通貨の買い/金利の低い通貨の売り」の場合、スワップポイントを受け取ることができます。

反対に「金利の低い通貨の買い/金利の高い通貨の売り」の場合は、スワップポイントを支払うことになります。

IG証券では市場金利に連動して随時スワップポイントの変更を行っており、受取りと支払いが逆転したり、金利差が縮小していくと売り買いともに支払いとなる場合もあります。
そして、短期金融市場が混乱し、資金調達が困難となったり、資金供給が過剰となった通貨は、政策金利の変動に関係なくスワップポイントに大きな変動が生じる場合があります。

詳しくはスワップポイントをご覧ください。

FXの売り取引例

売り取引とは?――「円安で売り、円高で買い戻す」ことで利益を狙う取引

USD/JPY 売り取引例「売り取引」とは、ドル/円など対円取引の場合、円が安いとき(円安ドル高)に外貨を売り、円が高くなったら(円高ドル安)外貨を買い戻し、その差額によって利益を狙う取引です。
つまり、お客様が「ドルが円に対して値下がりする(円高ドル安になる)」と考えた場合、「ドル/円の売り取引をする」ということになります。
例えば、1ドル=110円のときにドルを売り、その後為替レートが変動して1ドル=100円(円高)になったときにドルを買い戻すと、10円(110円-100円)の利益になります。

例:ドル/円の売り取引

では、ドル/円を例に「売り取引」の具体的な取引方法を解説しましょう。

STEP1:ポジションを保有する

USD/JPYチケット現在、ドル/円は売値90.000/買値90.009で取引されているとします。
お客様は今後、ドルの価格が下落する、つまり円高ドル安になると予想し、5.0ロット(1.0ロット=100,000ドル)の売りポジションを保有しました。

このとき、取引によって発生する金額は以下のようになります。

総取引金額:
売値90.000×100,000ドル×5.0ロット=45,000,000円

必要な維持証拠金:
売値90.000×100,000ドル×5.0ロット×4%(※1)=1,800,000円
※1:維持証拠金額は、総取引額に対して4%(レバレッジ25倍相当)です。

未実現損益:
1ロット当たり、1ピップの値動きで±1,000円(0.01円(※2)×100,000ドル×1.0ロット)。
5.0ロットなので±5,000円 
※3:買値と売値の価格差であるスプレッドは0.9ピップ(買値90.000-売値89.991)、
手数料は無料ですので、1.0ピップ(=0.010)上昇すれば未実現利益が発生します。

STEP2:ポジションを清算する

USD/JPYチケット<ドルの価格が下落した場合>

その後、お客様の予想通りドルの価格は下落し(円高ドル安)、ドル/円が売値88.991/買値89.000に達したところで5.0ロットすべてを清算することにしました。

本取引での利益金額は下記の通りです。

損益の計算

売総取引金額:
売値90.000×500,000ドル(5.0ロット)=45,000,000円

買総取引金額:
買値89.000×500,000ドル(5.0ロット)=44,500,000円

⇒損益額:
売総取引金額45,000,000円-買総取引金額44,500,000円=+500,000円

USD/JPYチケット<ドルの価格が上昇した場合>

その後、お客様の予想に反しドルの価格が上昇してしまったので(円安ドル高)、ドル/円が売値90.991/買値91.000に達したところで5.0ロットすべてを清算することにしました。

本取引での損失金額は下記の通りです。

損益の計算

売総取引金額:
売値90.000×500,000ドル(5.0ロット)=45,000,000円

買総取引金額:
買値91.000×500,000ドル(5.0ロット)=45,500,000円

⇒損益額:
売総取引金額45,000,000円-買総取引金額45,500,000円=▲500,000円

総損益の計算にはスワップポイント(下記参照)を考慮する必要があります。
詳しくは契約詳細情報(商品説明)をご覧ください。

スワップポイントについて

FX取引でポジションを保有した場合、2通貨間の金利差によって「スワップポイント」と呼ばれる受け払いが発生します。
取引する2通貨の金利を比較したとき、原則として「金利の高い通貨の買い/金利の低い通貨の売り」の場合、スワップポイントを受け取ることができます。

反対に「金利の低い通貨の買い/金利の高い通貨の売り」の場合は、スワップポイントを支払うことになります。

IG証券では市場金利に連動して随時スワップポイントの変更を行っており、受取りと支払いが逆転したり、金利差が縮小していくと売り買いともに支払いとなる場合もあります。
そして、短期金融市場が混乱し、資金調達が困難となったり、資金供給が過剰となった通貨は、政策金利の変動に関係なくスワップポイントに大きな変動が生じる場合があります。

詳しくはスワップポイントをご覧ください。

FX取引画面

FX取引画面

ここでは、取引プラットフォームでFX取引を行う際の画面の見方、基本的な操作方法について、ご説明します。

STEP1:市場を選択する

FX取引画面、市場(FX)を選択し、クリック

STEP2: 通貨の種類を選択する

FX取引画面、通貨の種類(主要通貨)を選択し、クリック

STEP3:通貨ペアの確認をする

FX取引画面、主要通貨ペア表示

STEP4:「チケット」を立ち上げる

FX取引画面、「チケット」の立ち上げ

STEP5: 各種注文を入力する

FX取引画面、取引ロット数を入力

STEP6: 受付完了を確認する

FX取引画面、受付完了の確認

新規口座開設に関するお問い合わせ

弊社スタッフがお客様の口座開設をお手伝いします。

フリーダイヤル:0120-965-915
受付時間: 平日9:00~18:00
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

Email:sales.jp@ig.com

最新マーケット情報