外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

一部約定とスリップ幅指定注文とは何ですか?

【一部約定】
ボラティリティが高い場合や流動性が著しく低下していると、お客様から指定された 価格での約定が難しくなり、注文ロット数すべてがキャンセルされてしまう場合があります。
一方、「一部約定」機能を利用すると、注文価格で約定できるロット数はすべて約定することができるため、部分的ではありますが一定のロット数は確保することができます。
お客様が一部約定の機能を選択した場合、次回から同じデバイスより取引を行うと、一部約定がデフォルト設定となります。ただし、同じ口座でも違うデバイスから接続する場合には、個別に設定をする必要がありますのでご注意ください。

【スリップ幅指定注文】
この機能を使うと、お客様が許容できるスリッページの範囲を指定できます。つまり、約­定条件に一定の幅を持たせることで、約定の可能性を高めることが可能となります。
リスクを許容範囲内に制限しつつ約定に柔軟性を持たすことのできる便利な機能です。
詳細につきましては、下記の弊社ホームページをご覧ください。