外国為替証拠金(FX)及びCFD取引はレバレッジ取引であり、元本や利益が保証されていません

配当金相当額はどのように反映するのですか?

【株式CFD】

配当金相当額は、原市場において配当落ちとなった際に適用となります。

取引プラットフォームの「個別株口座」上で受払いが発生し、配当権利付き最終日の取引終了時点で買いポジションを保有の場合は受取り(加算)、売りポジションを保有の場合は支払い(引落し)となります。

尚、配当金相当額の受払い金額は各国の税制により異なります。詳細はこちらをご参照ください。
(リンク先ページへ移動後は、9.個別銘柄の株式CFD,,,にて国別の受払い%をご確認ください)

《株式CFDにおける配当金相当額の計算方法》
「配当金相当額 = 1株あたり配当金相当額 × (100-税率)% × 保有株式数」

 

【株価指数CFD】

株価指数CFDの配当金相当額は、指数構成銘柄に配当落ちがあった際、配当落ち日を超えて保有されたポジションに対して受払いが行われます。

取引プラットフォームの「株価指数口座」上で受払いが発生し、配当権利付き最終日の取引終了時点で買いポジションを保有の場合は受取り(加算)、売りポジションを保有の場合は支払い(引落し)となります。

《株価指数CFDにおける配当金相当額の計算方法》
「配当金相当額 = 取引ロット数 × 1pips相当額 × 配当落ち相当額(ポイント)」

関連ページ

IGアカデミーでトレードスキルを向上させましょう

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、グローバル金融市場での40年以上の経験を持つリーディングカンパニーIGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。