検索
40年の歴史
世界約152,600名の顧客
10,000以上のCFD銘柄を提供

「売り」取引

「売り」取引について

「売り」取引は、実際には保有しない資産を売却する取引方法で、価格が下がって将来的により低い価格で買い戻せることを見込んで売却します。そうすることで、資産を売却した価格と買戻しに支払った安値の差額を得ることができます。

IG証券では、買い取引と同様CFD「売り」取引することができます。取引を開始するには、「買」ではなく「売」をクリックして、市場が下落する方に賭けます。

CFD取引について詳しくは、CFD入門の項をご覧ください。

「売り」取引は思惑売りとも呼ばれます。

「売り」取引の仕組み

例えば、株式のショートポジションを保有する場合、株式を第三者、通常はブローカーから借り、その後売却します。ただし、「売り」取引に伴う借株について心配する必要はありません。このプロセスは売りポジションを保有した時点で自動的に処理されます。

「売り」取引の仕組みについて理解を深めるため、下記2つの取引例をご覧ください。1つは利益を得た例、もう1つは損失を被った例です。

「売り」取引の仕組み

利益発生取引

マッコーリーの株が現在、1株当たり21.24豪ドルで取引されていると仮定します。マッコーリー1000株を合計21,240豪ドルで「売り」取引することにしました。

 


損失発生取引

ボーダフォンが市場において1.50英ポンドで取引されていると仮定します。ボーダフォン2000株を合計3000英ポンド(2000株 × 1.50英ポンド/株)で「売り」取引することにしました。

 

.