40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

リスクを管理する

リスクとは

金融におけるリスクとは、自身で選択した投資が予想と異なる結果になる可能性を意味します。予想より低いリターンになる可能性があるだけでなく、投資元金のすべてまたは一部を失うことや、場合によっては損失額がそれ以上になることがあります。

マーケットリスク

マーケットリスクはポートフォリオに伴う潜在的危険性のことで、市場のリスクファクターにおける変動により損失を被ることを意味します。このリスクファクターは市場を構成する要素であり、しばしば変動することで価格に著しく影響を与えます。一般的に、主な市場のリスクファクターは次のとおりです:

  • 株価
  • 金利
  • 外国為替レート
  • 商品価格

これら4つは主要ファクターであり、市場に最も影響を与えます。マーケットリスクは別名、ボラティリティといいます。

実質すべてのマーケットにおいて、突然反対方向に価格を変動させる要素が存在します。

流動性リスク

流動性リスクは元々、資産取引の際は必ず資産価格の影響を伴う可能性があるということを意味していました。

通常は、新興市場または取引量の少ない市場でよく見られる問題であり、以下の2種類に分けることができます:

資産流動性

これは資産の取引量を表しています。例えば、購入希望者がいなければ、株主は資産を売却することができないか、希望より低下で売却する必要があります。

活発なトレーダーが数多くいる場合、取引に応じる買い手と売り手がそれぞれいると考えられるため、通常は流動性が高くなります。市場の流動性が高くなるほど、資産の売買が容易になります。

資産流動性は、重要なマーケットリスクの一つです。

資金流動性

これは、いかに早く金融債務を支払う能力があるかということに言及しています。つまり、資金流動性リスクとは、ある対象者(例えば銀行)が一定期間にわたって即座に債務を決済するだけの資金を所有していない可能性を示します。

資金流動性はほとんどの場合、取引量の多い資産マーケット、あるいはとりわけ価値の高い資産マーケット(不動産市場や住宅市場)で適用されます。

売り手よりも買い手の方が多い 場合、需要が供給を上回り、価格の押上げにつながります。

買い手よりも売り手の方が多い場合、供給が需要を上回り、価格の押下げにつながります。