「売り」取引

「売り」取引を行うトレーダーのタイプ

「売り」取引を行うトレーダーには、主に次の3タイプがあります。

売却用株の貸し手は誰か

「売り」取引は、市場に株を保有する株主が貸出しに応じる場合にのみ取引可能です。ではなぜ株主は株の貸出しを希望するのでしょうか?

それは、株主は株を貸し付けた際に借入費用を課すことができるからです。この借入費用は、ブローカーを介してクライアントに請求されます。例えば、市場株の主な貸し手として、年金や退職年金の信託会社があります。それらの会社は、株を貸し出すことで、長期投資の追加収入を得ることができます。この方法での貸出しは、より流動的な市場形成を可能にします。

一方、貸出しや「売り」取引が株価の下落を強制する過度の下落予想につながった場合、貸し手は当然のことながら株の保有を控える可能性があります。市場の株主が誰も貸出しを希望しない場合、株を借りることはできません。

株主は、サービスに対し借入費用を課すことができる場合、株の貸出しに応じる傾向があります。