ビックマック指数とは?

ビックマック指数とは、2通貨間の購買力平価(PPP)を測定するための指数です。米国とその他の国におけるマクドナルドのハンバーガーの価格を比較することで、それらの国の通貨の購買力格差を把握することができると言われています。簡単に言えば、この指数はある通貨が過大評価または過小評価されているかを判断するために用いられます。ここでは「バーガーノミクス(burgernomics)」が役立つ理由、およびビックマック指数の計算方法について説明します。

bg_mcdonalds_923731

購買力平価とは?

購買力平価(PPP)とは、為替レートの決定に関する理論です。

具体的に言うと、二国間で販売されている同じ製品の価格は一つであるという「一物一価の法則」が成り立つ場合の為替レートをPPPと言います。
例えば、カナダの通貨と米国の通貨間の為替レートが1.3対1と仮定した場合、1米ドル(USD)を購入するには、1.3カナダドル(CAD)が必要になります。これらの二国間でPPPが存在すると仮定する場合、米国で10ドルの価値がある商品が、カナダでは13ドルとなります。

PPPは、為替レートが消費者の購買力にどの程度の影響を与えるかを測定するために使用されます。

PPP理論では、長期的に為替レートは換算時点へと徐々に近づくと考えられています。このため、同等の商品やサービスの価格は同じになると定義します。もし、二国間で同じ商品の価格に差異が存続する場合、低い価格で販売している国の商品を購入する機会もしくは動機が生じます。

ビックマック指数

ビックマック指数はPPP理論を取り入れ、それを特定の商品、すなわちマクドナルドのハンバーガーに絞り込んで考えられた指数です。この指数は、まず各国のビックマックの価格を米国のそれと比較します。次にビックマック指数の為替レートを計算する際、各国の通貨がドルに対して過大評価または過小評価されているかどうかを判断します。

IG-BigMac-page-content-images-01

この指数は、1986年に購買力平価を簡単に理解するために考案されました。それ以来、通貨の不均衡を測定する世界的な指標として使用されるようになりました。

購買力平価の理論が正しいとしたら、ビックマックの価格もすべての国で等しくあるべきです。よってこの理路では、価格の差異が存在する場合、為替レートには修正圧力が高まり、やがて同じ価格に収れんすると定義しています。

経済指標としてハンバーガーを使用するコンセプトは非常に有名になり、冒頭で述べたように「バーガーノミクス」と呼ばれるようになりました。また、UBS Wealth Managementおよび欧州自治体・地域評議会(CEMR)はビックマック指数を参考に、各国の平均的な給料を得ている労働者がビックマックを購入するために必要となる最低賃金と期間について調査しました2

さらにエコノミスト誌はビックマック指数に似た指数を考案しました。例えば、トールラテ指数(Tall Latte index)は、ビックマックをスターバックスコーヒーに置き換えています3。同様に、Bloombergはビリー指数を使用して、IKEAのビリー本棚の現地価格を米ドルに換算しています。

ビックマック指数の計算方法

ある国のビックマックの価格(現地通貨ベース)を米国のビックマックの価格で割り、ビックマック指数を算出します。その後、このレートを実際の外国為替レートと比較して、当該通貨が米ドルに対して過大評価または過小評価されているかを判断します。

例えば、ビックマックの価格が英国では3.19ポンド、米国では5.51ドルだとしましょう。英国の現地価格を米国の価格で割ると、ビックマック指数の為替レートは0.58となります。分析時点での外国為替相場の0.78と比較すると、ポンドは25.6%(2つの為替レート間の差)過小評価されていることがわかります。

IG-BigMac-page-content-images-02

ビックマック指数は、長期間の為替レートの予測を行うFXトレーダーにとっては有効な指数と認識されています。ビックマック指数のレートと実際の為替レートとの間に差異がある場合、その通貨が将来上昇するのか、それとも下落すのかを判断する材料になり得るからです。

物価動向を予測する際、消費者物価指数(CPI)等のインフレ指標があります。しかし、経済の健全性に関する類似の指数が存在しない国々で価格を比較する際は、ビックマック指数を用いる方が良いでしょう。マクドナルドは世界最大のレストランチェーンであり、119カ国に34,480軒を超えるレストランを擁しています。このため、マクドナルドが提供するハンバーガーが物価動向と購買力を測る世界的な指数として取り上げられたのです。また、ビックマックは理論上、サイズ、品質、材料について標準化、つまり世界中で同一であると定義しています。

ただし、この理論が常に現実の経済状況と一致するとは限りません。マクドナルドのハンバーガーの価格は、為替レートだけではなく、さまざまな経済的要素の影響を受けるからです。これらには生産コスト、人件費、広告、賃貸料そして賃金といった要素はもちろん、使用される材料自体(インドのビックマックは文化的理由からビーフの代わりにチキンを使用しています)まで含まれます。また、ビックマックの価格はMcDonald's Corp (MDC)によって設定されていることにも留意する必要があります。

ビックマック指数は長期的な為替レートの見通しをトレーダーに提供します。一方、(超)短期的なトレンドを予測するトレーダーには向いていません。よって、ビックマック指数は市場予測ツールの一つとして、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析と併用するのが望ましいでしょう。テクニカル分析は過去の価格データをベースに、この先市場がどのように変動するかを予測する分析手法です。一方、ファンダメンタルズ分析は企業の会計情報、マクロ経済データそして金融記事といった公開情報をベースに予測する分析手法です。

為替レートに関する他の決定理論

ビックマック指数以外にも為替レートに関する決定理論がいくつかあります。最後にこれらについて説明します。

金利平価(IRP):2カ国の名目金利の水準によって為替レートが決定されるという理論

国際フィッシャー効果(IFE):名目金利の差によって為替レートが決定されるという理論

国際収支:経常収支の状況によって為替レートが決定されるという理論。例えば、経常収支が黒字の場合は黒字国の通貨が増価し赤字国の通貨が減価することで(為替レートが調整され)、国際収支の均衡が保たれると定義します。

実質金利差:実質金利の差によって為替レートが決定されるという理論

具体的には、実質金利が高い国の通貨は、実質金利が低い他の諸国に対して高くなると定義します。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。