日本・イスラエル直行便就航へ 経済交流を後押し

・日本とイスラエルを結ぶ初の航空路線開設へ
・イスラエルに進出した日本企業は70社超

bg_japanese_workers_marunouchi_259769

日本とイスラエルを結ぶ初の航空路線が開設される。活発化しつつある日本とイスラエルの経済交流を後押ししそうだ。

日本企業のイスラエル投資額は2016年実績で222億円、イスラエルに進出した日本企業の数は現時点で70社超。昨年の田辺三菱製薬によるバイオベンチャーのニューロダームの1240億円での買収は、ヘルスケア分野のイスラエル企業として最大規模の案件だった。

また、先月にはコンサルティングや研究開発を行うインターネット総合研究所が、日本企業として初めてテルアビブ証券取引所(TASE)に上場している。

ハイテク国家のイメージがあるイスラエルだが、進出企業はテクノロジー分野に限らない。今年7月には100円ショップ「ザ・ダイソー」を展開する大創産業がイスラエルに3店舗を開設した。同社は19年末までにさらに20店舗増やす計画という。

こうしたなか、日本とイスラエルが成田空港とイスラエル最大都市テルアビブの国際空港を結ぶ初のチャーター便就航に向けて協議していることが伝えられた。運航はイスラエルのエルアル航空になるもようで、19年の就航が検討されている。

中国では既に北京、上海、深センなど複数の都市がイスラエルとの航空路を持つ。日本との間にも将来の定期便の就航が期待される。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。