トレンドラインとは?トレンドラインの使い方を学ぶ

多くのトレーダーはトレンドライン戦略を用いて、市場の動向を予測しようとします。しかし、トレンドラインは必ずしも完全な戦略を保証するものではありません。だからこそ正確にトレンドラインを読み取り、確認する方法を学ぶことが重要となります。

bg_chart_trading_7785

トレンドラインとは

トレンドラインとは、ラインで方向変化のパターンを示すものです。トレンドラインは方向やパターンを示し、任意の期間における支持線と抵抗線を視覚的に表します。

一見複雑そうに見えますが、トレンドラインを理解するより簡単な方法は、複数の高安をひとつの線でつなぐことです。


トレンドラインのさまざまなタイプ

トレンドラインには主に、上昇トレンド、下降トレンド、横ばいトレンドの3種類のタイプがあります。これら3つのトレンドはすべて、取引機会があるかどうかを判断するのに役立ちます。

上昇トレンド(安値切り上がり)

トレンドラインを上昇トレンドとみなすためには、最高値と最安値において明確かつ継続的な上向きのトレンドが形成しているかどうか、この点を確認する必要があります。上昇トレンドは、チャート上の次の安値が前の安値よりも連続して上回る際に、一つの上向きのラインとして引くことができます。

移動平均を使用して上昇トレンドを見つけることもできます。この場合、トレーダーは移動平均を基準に価格が上昇トレンドにあるか下落トレンドにあるかを判断します。価格がトレンドラインを上回る状態を維持している場合、上昇トレンドは安定していると判断します。

下降トレンド(高値切り下がり)

下降トレンドは、一定期間にわたり価格が下落するときに起こります。下降トレンドは短期間で形成されることもあれば、長期的に徐々に下落することで形成されることもあります。

エリオット波動というテクニカルでは、インパルスウェーブとコレクションウェーブの2種類の価格ウェーブでトレンドを予測します。

横ばいトレンド

横ばいトレンドは、水平トレンドとも呼ばれます。これは、相場が大きく変化するまで、長期間にわたり一定の高値と安値の間で売り買いが交錯する相場状況を指します。


FX取引におけるトレンドラインの使い方

FX取引でトレンドラインを使用する場合、それらを正確に引く方法を理解しなくてはなりません。トレンドラインを引く方法については多くの思い違いがあり、一部のトレーダーは市場をトレンドラインに適合させるのではなく、トレンドラインを市場に適合させようとします。

トレンドラインの作成にはいくつかのルールがあり、複数のピーク/谷をつなぐ線を引くことが重要です。ピークと谷は、ジグザグに動く価格で作成された高値と安値のことを指します。以下ではトレンドラインを引く方法の一例を示します。

FX取引でトレンドラインを使用する最良の方法は、延長線の水準を確認して、トレンドラインの予想に基づき将来を予測することです。


間違ったトレンドラインの使い方

3_Tips_For_Trendline_Trading_body_61_LRG


正しいトレンドラインの使い方

3_Tips_For_Trendline_Trading_body_62_LRG

テクニカル分析におけるトレンドラインについて

テクニカル分析でトレンドラインを理解する際、ラインの形成時に複数の高値または安値を必要とすることを理解してください。さらに、高安をつなぐ水準の回数が多いほど、ラインの説明力が高くなる傾向があります。

正確なトレンドを特定することが難しい場合があります。3番目の高/低ピークがあるかどうかを確認することで正確に把握することができます。

また、支持線と抵抗線を理解することも重要です。支持線は、価格が下落した状態で安定したときに決定されます。これは、価格がその「支持」線から反発する可能性が高いことを意味します。

一方、抵抗線は価格が上昇するときに上値を抑制する傾向があります。このため価格が抵抗線を突破するよりも、反落する可能性を意識することが重要です。

FX取引におけるトレンドラインの目的は、下から上につながるトレンドラインを引くことで、上昇/下降トレンドを把握することです。

FX取引でトレンドラインを使用する際には、有効なトレンドラインを特定する方法を理解することが重要です。

トレンドラインに注目する際、考慮すべきいくつかの基本的なルール(買いの場合)があります。

  1. 下向きのトレンドラインを引くためには、最低3つのスイングピークが必要です
  2. 上向きのトレンドを引くためには、最低2つの高値スイングを必要とします
  3. 価格がトレンドラインに接するまで待つこと
  4. スイングの高値の2~5ピップ上で買いの逆指値注文を出すこと
  5. スイングの2~5ピップ下でストップロスを出すこと
  6. 以前の有意な安値のピークに目標を定めること

下向き/上向きのトレンドラインを見極める方法を学び始めると、そのプロセスは簡単になり、熟練した目で将来のトレンドを判断できるようになります。

また、トレンドラインに注目するときに考慮すべきいくつかの基本的なルール(売りの場合)があります。

  1. 最低2つの高値切り下がり(またはスイングの高値切り下がり)をつなぐ必要があります
  2. 価格が下落し、トレンドラインに接するまで待つこと
  3. トレンドラインに接するローソク足の安値の2~5ピップ下で売りの逆指値注文を出すこと
  4. スイングの高値の2~5ピップ上でストップロスを出すこと
  5. 以前の有意なピークに利益目標を定めること

トレンドラインに関連した取引戦略のひとつにリスクリワードレシオがあります。これはプライスアクションに基づいており、価格の最高値の時に売り、最安値の時に買うと同時に、一貫したストップロスの水準を維持します。

他にも有効な戦略はあります。トレンドライン戦略は多くのトレーダーにとって最も信頼できるテクニカル分析手法の1つとなっています。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。