2016 11/9【IGテクニカル分析】

ドル円(USD/JPY)、ユーロドル(EUR/USD)のテクニカル分析レポート。 テクニカルポイントに加え、直近のオーダー状況の情報も満載。
毎週火曜日は、 IGTVのマーケットヘッドラインで取り上げた銘柄にフォーカスしています。合わせてご参照ください。

Technical analysis highlights

USD/JPY
 

レジスタンス ・106.00:オファー
・105.75:リトレースメント76.40%
・105.53:10/28高値、標準誤差回帰分析バンド
サポート ・104.15-00ゾーン:テクニカルエリア
・103.50:オプションの攻防
・103.00:ビッド
・102.48:75日MA(緑ライン)


ドル円は105円台の回復に成功。上値の焦点は、8日のレポート内容と同じ。「クリントン候補優勢or勝利」の報が伝わる場合、105.50-75ゾーンを大陽線で一気に突破できるかが注目される。106.00にはオファーが観測されているが、過去の動向を振り返るとこのレベルがレジスタンスとして意識された経緯はない。よって上記ゾーンの突破は、リトレースメント全戻し(107.49までの上昇)のシグナルと捉えたい。尚、105.53レベルには標準誤差回帰分析バンドの上限(日足)も推移している。
一方、目先の下値の焦点は104円台の維持となろう。今日現在、104.15から104.00にかけて21日MA(青ライン)、日足基準線(黄ライン)&転換線(赤ライン)が密集している。上記104円前半のサポートゾーンを下方ブレイクする展開は、「トランプ勝利」となっている可能性が高い。この場合は、3日に相場をサポートした75日MAまで一気に円高が走る可能性がある。

ドル円チャート

usdjpy-chart1-1109
usdjpy-1109

出所:ProRealTimeチャート/ 日足  

EUR/USD
 

レジスタンス ・1.1159:日足一目/雲の下限
・1.1126:89日MA
・1.1067:11月6日高値
サポート ・1.0995前後:リトレースメント50.00%、21日MA
・1.0960:11/1安値
・1.0930:ピボットLBOP
・1.0900:ビッド
・1.0851:10月25日安値


8日も大陰線が示現。日足基準線を完全に下方ブレイクし、RSIが売り買い分水嶺の50.00を下回る水準で推移している点も考えるならば、引き続きダウンサイドリスクを警戒したい。目先の焦点は1.10台の維持だろう。注視すべきテクニカルは8日のレポートでも指摘したリトレースメント50.00%および21日MA。これらテクニカルの下方ブレイクは、1日の安値1.0960レベルおよびピボットのLBOPにあたる1.0930レベル。後者の下方ブレイクは、さらなるダウンサイドリスクのシグナルと想定し、ビッドが観測されている1.0900および10月25日安値1.0851レベルをトライする展開を警戒したい。
一方、上値の焦点は上記の通り。短期的な買戻しはあるだろう。だが、「クリントン候補勝利」ならば、昨日の高値レベルまでの戻りが限界か。逆に「トランプ候補勝利」となれば、ネガティブサプライズにより一気に89日MAおよび日足一目/雲の下限まで急伸する展開を想定したい。

ユーロドルチャート

eurusd-chart-1109

出所:ProRealTimeチャート/ 日足 

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 市場参加者

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • レバレッジ入門

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。

  • 株取引

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。