2014 9/17 【IGテクニカル分析】USD/JPY(ドル円)

article_volality

TECHNICAL ANALYSIS HIGHLIGHTS      

本日は連邦公開市場委員会(FOMC)後、上下どちらかに大きく振れる可能性がある。目先、上値の焦点は108円台への到達、下値のそれは短期サポートラインの下方ブレイクとなろう。

RSIでは「買われ過ぎ」警戒感が強まっており、FOMCでイエレンFRBのハト派スタンス継続が確認されれば、ドルロングを調整する動きが強まろう。その場合に注目すべきは、上述した短期サポートラインの維持だろう。そして、このラインを目指す過程で注目すべきテクニカルポイントは、106.90から106.50の間で展開しているピボットS1&S2及び10日MAとなろう。106.60から106.40にかけてビッドが断続的に並んでいることを考えるなら、より注視すべきは106円ミドルレベル(10日MA)での攻防だろう。尚、短期サポートライの下方ブレイクは、105円台への下落シグナルと受け止めたい。

一方、イエレンFRBのタカ派スタンス転換が確認されて尚、「米株高+金利上昇」維持となれば、ボリンジャーバンド上限(MA:21、σ:2.0)を突破し、108円台の攻防へシフトする展開を想定したい。

RESISTANCE / SUPPORT / ORDER BOOK

レジスタンス

 

サポート

108.00 ボリンジャーバンド上限   106.88 ピボットS1
107.92 ピボットHBOP   106.55 10日MA(青ライン)、ピボットS2
107.63 ピボットR2   106.35 ピボットLBOP
107.40 9月12日高値、ピボットR1   106.20 短期サポートライン
 

オファー

 

ビッド

108.00        オファー、オプションバリア   106.70-60 ビッド
107.40-60   厚いオファー   106.50    厚いビッド

 

TODAY’S CHART

ドル円 1時間足チャート
ドル円 日足チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引プランの作成

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • 技術的な過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • 利点と制限

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。