2014 4/23 【IGテクニカル分析】EUR/USD(ユーロドル)

Resistance 反発余地は1.3885レベルまでか

21日MA(青ライン)でかろうじてサポートされているユーロドルだが、上値の重い状況に変化は見られない。このような状況の中、目先のレジスタンスとして注目すべきは、1.3850手前で推移している日足の一目/転換線(赤ライン)だろう。1.3850レベルに観測されている厚いオファーの存在も考えるなら、1.39台への再上昇どころか、ボリンジャー上限のトライすら遠のく。

逆に転換線を突破した場合は、1.3850上のストップを巻き込み、もう一段高となる可能性があろう。しかし、モメンタムがゼロラインに向け降下中であること、RSIも売り買い分水嶺の50.00付近でこう着した状況を考えるなら、4月17日高値1.3865レベルの突破に成功しても、1.3885レベルまでの反発が限界か。

このレベルには、上記のボリンジャー上限(MA:21、σ:2.0)の他、レジスタンスラインもクロスしている。また、1.3880-90に並んでいるオファーも考えるなら、転換線以上に強烈なレジスタンスとしてユーロドルの上値を抑える展開を想定したい。

 

EURUSD 日足

ユーロドルチャート

 

Support:攻防分岐は21MA

下値は引き続き、21日MAでの攻防が焦点となろう。今日現在、1.3795前後で推移しているこのMAを下方ブレイクすれば、今年2月からの上昇トレンドを支えてきたサポートラインを視野に、下落スピードが加速する展開を想定したい。尚、このラインは今日現在、1.3735前後で推移している。

このサポートラインを目指す過程で注目すべきポイントは2つ。まずは1.3780レベルでの攻防だろう。4月9日以降、このレベルで反転する状況が続いているが、本日も厚いビッドによりユーロドルをサポートする可能性がある。

1.3780レベル下のストップを巻き込む展開となれば、再び厚いビッドが観測されている1.3750レベルが次の焦点として浮上しよう。

 

EURUSD 1時間足

ユーロドルチャート

 

Chart Point

レジスタンス   サポート
1.3886 ボリンジャー上限   1.3794 21日MA
1.3865 4月17日高値   1.3780 4月9日安値、厚いビッド
1.3850 レジスタンスポイント、厚いオファー   1.3750 サポートポイント、厚いビッド
1.3846 一目/転換線   1.3735 サポートライン

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • よくある間違い

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • マーケット注文(ロット優先)

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。
     

  • 取引プランとは

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。