2014 3/7 【IGテクニカル分析】EUR/USD(ユーロドル)

EURUSD 1時間足

ユーロドルチャート

EURUSD 日足

ユーロドルチャート

チャートポイント

レジスタンス サポート
1.3922 ボリンジャー上限(σ3.0)&オファー 1.3810 リトレースメント38.20%
1.3900 レジスタンスポイント&厚いオファー 1.3790 リトレースメント50.00%
1.3894 昨年12月27日高値 1.3771 リトレースメント61.80%
1.3888 ボリンジャー上限(σ2.5) 1.3722 21日MA(ボリンジャー中心線)
1.3873 3月6日高値 1.3643 2月27日安値&厚いビッド

 

Resistance1.3894突破なるか

ユーロドルは6日、昨年12月27日以来、2度目の1.3833レベルの突破に成功した。調整が限定的となっていること、モメンタムがゼロライン上で上昇トレンドを維持していること、そしてRSIが買われ過ぎの水準まで未だ達していないことも考えるなら、次の重要レジスタンスポイントである1.3894レベルの突破が、本日最大の焦点となろう。

ただ、このポイントをトライする前に突破すべきテクニカルがある。それは、ボリンジャーバンド(MA:21、σ:2.5)の上限(チャート画像:緑ライン)だ。今日現在、1.3885前後で推移している。この上限の突破に成功すれば、1.3894トライとなろう。

1.3894をも突破する展開となれば、2011年10月以来となる1.39台への攻防へとシフトしよう。注目される最初のテクニカルは、1.3920前後で推移しているσ3.0のボリンジャー上限(チャート画像:青ライン)だ。このテクニカルが推移しているレベルでは、同時にオファーも置かれており、テクニカル&オーダー状況の両面でユーロドルの上値を抑える可能性があろう。

 

Support21MA維持ならユーロ高トレンドは継続

下値は、ボリンジャーの中心線となる21日MA(チャート画像:赤ライン)の維持が焦点だろう。2月27日にユーロドルをサポートし、1.3833突破の起点となったこのMAを維持する限り、アセンディング・トライアングル(日足)の形状を維持しつつ、上記のレジスタンスポイントをトライする状況が継続しよう。

21日MAを目指す過程で注目すべきテクニカルは、3月高安のリトレースメント38.20%1.3810、50.00%1.3790そして61.80%1.3771だろう。特に61.80%戻しの水準ではビッドも同時に観測されており、反転ポイントと想定しておきたい。

逆に、21日MAを完全に下方ブレイクする展開となった場合は、2月27日安値1.3643を目指す展開となろう。尚、このサポートポイント下にも厚いビッドが並んでいる。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引の前に

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • 技術的な過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • CFDの基礎知識

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。