2014 7/4 【IGテクニカル分析】USD/JPY(ドル円)

bg_chart_470658

TODAY’S COMMENT: 雲の突破か200日ブレイクか

200日MA(黄ライン)及び21日MA(赤ライン)の突破には成功。しかし、102.50レベルすらトライできずに反落している状況を考えるなら、このままドル高/円安トレンドが加速すると考えるのは早計だろう。だが、RSIやモメンタムの状況を考えるなら、ダウンサイドリスクが低下していることも明白。よって、下値も底堅く推移する可能性が高い。

引き続きレンジ相場(101.00-103.00)が継続するムードが漂う中、目先は200日MAをレンジの下限、一目/雲の上限をレンジの上限と想定し、どちらをブレイクするのか、この点が焦点となろう。

雲の突破となれば、次の焦点として浮上するのは6月4日高値102.80だろう。このレベル前後では輸出も含めたオファーが観測されており、オーダー状況の面でもドル円の上値を抑える可能性が高い。また、もう一つ重要な焦点として、年初来高値(105.44)からのレジスタンスラインが102.80レベルとクロスしている点も見逃せない。このラインの突破はドル高への転換シグナルとなるからだ。言い換えれば、102.80前後で上値の重い状況が続くようなら、200日MAを再びブレイクする展開を常に想定しておくべきだろう。

CHART POINT & ORDER BOOK

レジスタンス

 

サポート

102.80前後 6月4日高値、レジスタンスライン   101.94 21日MA
102.50   レジスタンスポイント   101.79 200日MA
102.48   一目/雲の上限   101.70 一目/雲の下限
102.40   6月11日高値   101.20 サポートポイント
 

オファー

 

ビッド

102.80 厚いオファー(含実需)、上にストップ   101.50-30 断続的にビッド
102.30-60 断続的なオファー   101.20 厚いビッド、下にストップ

 

TODAY’S CHART

ドル円 1時間足チャート
ドル円 日足チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。