2014 5/22 【IGテクニカル分析】USD/JPY(ドル円)

TODAY’S COMMENT: 100.75ブレイクを想定

一時的にせよ101円台を下方ブレイクしたドル円の次なる下値焦点は、「100.75」。このサポートポイントは2月4日安値となるが、2月3日~5日にかけてドル円を強固にサポートした経緯があることを考えるなら、マーケットは重要サポートポイントと認識しよう。事実、このレベルには厚いビッドが観測されている。

攻防分岐とも言えるこの100.75レベルを下方ブレイクした場合は、101.70下のストップを巻き込み、厚いビッドが観測されている100.50が次の焦点として浮上しよう。このレベルをも破る展開は、節目の100円トライが視野に入ることを意味しよう。

一方、上値は目先、101.70のレジスタンスを突破出来るかが注目される。テクニカル面では101.90台で推移している21日MA(赤ライン)を突破出来るかが焦点となろう。

 

Chart point & Order book

レジスタンス

 

サポート

102.00 レジスタンスポイント、厚いオファー   101.30 200MA
101.92 21日MA、厚いオファー   100.82 5月21日安値
101.70 レジスタンスポイント、オファー(輸出)   100.75 2月4日安値、厚いビッド
101.67 5月16日高値   100.50 サポートポイント、厚いビッド
ドル円 1時間足 出所:ProRealTImeチャート
ドル円 日足 出所:ProRealTImeチャート



 

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引プランの作成

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • リスクを管理する方法

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。

  • 株価

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。