2014 5/21 【IGテクニカル分析】EUR/USD(ユーロドル)

TODAY’S COMMENT: 焦点は200MAの攻防

レジスタンスライン(週足)で上値が抑えられ、サポートラインと一目/雲の下限(日足)を下方ブレイクしたユーロドルの次なる焦点は、200日MA(黄ライン)の攻防だろう。今日現在、1.3634レベルで推移しているこのMAをも下方ブレイクする展開は、さらなる下落シグナルとしてマーケットで捉えられよう。

1.35台の攻防へシフトした場合、最初に注目されるサポートポイントは1.3550前後。リトレースメント50.00%が推移していると同時に、このレベルには厚いビッドも並んでいる。テクニカル&オーダー状況の両面で重要サポートポイントと認識しておきたい。

一方、上値は日足の一目/雲の上限から1.3750のレジスタンスゾーンを突破出来るかが焦点。1.3730から1.3755レベルにかけては断続的にオファーが並んでいる。

 

Chart point & Order book

レジスタンス

 

サポート

1.3750 レジスタンスポイント、厚いオファー   1.3654 リトレースメント38.20%
1.3734 5月19日高値、オファー   1.3634 200日MA
1.3730 10日MA、オファー   1.3600 サポートポイント、厚いビッド
1.3722 一目/雲の下限   1.3550 リトレースメント50.00%、厚いビッド

 

Today’s Chart 

ユーロドル日足チャート
ユーロドル週足チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • はじめに

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • リスクの種類

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。

  • 「売り」取引とは

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。