2014 4/1 【IGテクニカル分析】USD/JPY(ドル円)

USDJPY ボリンジャー&移動平均線

ドル円チャート

USDJPY 一目均衡表

ドル円チャート

 

Chart Point

レジスタンス   サポート
104.00 レジスタンスポイント、厚いオファー   103.03 89日MA
103.76 3月7日高値。厚いオファー   102.50 サポートポイント、ビッド
103.57 ボリンジャー上限   102.48 一目/基準線
103.44 3月31日高値   102.45 21日MA、一目/雲の下限

 

Resistance 103.76突破なるか

ドル円は、ついにレジスタンスラインの突破に成功。モメンタムやRSIもドル高/円安トレンドを示唆している。次の焦点は、3月7日高値103.76レベルの突破だろう。

このレジスタンスをトライする過程で注目すべきは、厚いオファーが観測されている103.50レベルの攻防だろう。昨日は105.44レベルで上値が抑えられた。また、ボリンジャーバンド(MA:21、σ:2.0)の上限(緑ライン)が103.60前後で推移していることも考えるなら、103.50前後がレジスタンスゾーンとしてドル円の上値を抑える可能性があろう。

このゾーンを突破した場合、上記の103.76レベルをトライする展開となろう。このレベルでも厚いオファーが観測されており、重要レジスタンスポイントとして意識されていることが窺える。

このレジスタンスポイントをも突破した場合は、104.00を視野にドル高/円安トレンドが加速しよう。

 

Support:焦点は102.50レベルの維持

下値は102.50レベルを維持出来るか、この点が焦点となろう。102.48には日足の一目/基準線(赤ライン)、102.45前後には一目/雲の下限とボリンジャーの中心線でもある21日MA(青ライン)が密集している。同時にビッドが並んでいることも考えるなら、102.50前後は重要なサポートゾーンと言えるだろう。

このゾーンを目指す過程で注目すべきテクニカルは、89日MA(黄ライン)だろう。今日現在103.00前後で推移しており、103円台維持の焦点としても注目しておきたい。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 商品の基礎知識

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 市場参加者

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • 「売り」取引の方法

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。