米金利の調整相場継続とドル円の上値トライ

Market Overview

20日の海外外為市場は、予想外にタカ派となった9月FOMCを受け、米ドル買い圧力が強まった。ドル円は112.53、ユーロドルは1.1861までそれぞれ米ドル高が進行した。また、利上げ期待を背景に急伸していたポンドドルも、この日は1.3452まで下落した(=ポンド安 / 米ドル高)。
この日の米株は横ばい推移となった。米金利の反発基調を背景に金融セクターが底堅い展開となり、且つNY原油先物10月限が前日比0.93ドル高の1バレル=50.41ドルと反発したこと受け、資源セクターにも上昇圧力が強まった。だが、タカ派のFOMCを受け割高感のあるテクノロジーセクターに売り圧力が強まったことで、上昇幅は限られた。尚、ダウ平均は前日比41ドル79セント高の22,412.59と、9日続伸。連日で過去最高値を更新した。

bg_janet_yellen_1446114

Analyst's view

20日のレポート「インフレ鈍化の警戒レベルとFOMC後の展望」で、9月FOMCの焦点はインフレ鈍化に対するFEDの警戒レベルと指摘した。その警戒レベルだが、筆者が想定しているよりも低い内容だった。今年のインフレ見通し(コアPCE)こそ6月時点の1.7%から1.5%へ下方修正されたものの、2019年には物価目標の2%を達成するという予測に変化なし。また、声明文でもインフレは「中期的にFOMCの目標2%付近で安定」するという予測を維持した。そしてドットチャートでは、年内1回の利上げを予想すると同時に、2018年の利上げ予測も3回と、6月時点から変化は見られなかった。
2017年に入り、インフレ鈍化が鮮明となっているにもかかわらず、物価目標2%到達の予測と利上げ予測の両方に変化が見られなかった点は、市場でタカ派的と受け止められて当然だろう。事実、米債券市場では2年債利回りが2008年11月上旬以来となる1.451%まで急伸。米ドル相場との相関性が高い10年債利回りも2.289%まで上昇する局面が見られた。9月FOMCの内容を受け、米金利は反発基調を維持しよう。それに伴い外為市場では米ドル買い優勢の展開が散見されよう。注視すべきは株式市場の動向だろう。20日の米株は横ばい推移となった。インプライドボラティリティ(1か月)に大きな変動が見られない点を考えるならば、現時点で今回のFOMCがネガティブ要因として捉えられた可能性は低い。よって、株高トレンドの維持が想定される。この場合、ドル円は「米金利の上昇 / 株高」を背景に上値トライの展開が想定される。200日MAの突破にも成功したことで、次のターゲットは113円台への再上昇となろう。107.31からの76.40%戻し112.80突破は、113円台へ再上昇するシグナルと想定したい。一方、ユーロドルは高値1.2092からの23.60%戻しと短期サポートラインを完全に下方ブレイクする場合、ビッドが観測されている1.1800レベル、38.2%戻し1.1720の順でサポートポイントを想定したい。


【チャート①:ドル円チャート】

chart1_20170921


【チャート②:ユーロドルチャート】

chart2_20170921

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。