今週のドル円とユーロドルの展望

Summary

今週のドル円は、上値トライの小休止を想定したい。米長期金利は2.4%台を堅持し、且つ日米欧の株式ボラティリティは低水準での推移が続いている。対ユーロでの米ドル売りも1.1716からの76.40%戻しでレジスト後、一服状態となっている。だが、11月PCEは低インフレ状態からの脱却が困難であることを示唆。また、テクニカル面では11月の戻り高値114.73を起点とした短期レジスタンスラインが相場を圧迫し始めている。しかし、調整相場となっても、リスク選好相場が継続していることを考えるならば、日足転換線がレジスタンスからサポートへ転換する可能性があろう。一方、ユーロドルの焦点は、11月安値1.1552を起点とした短期サポートラインの維持となろう。

bg_gbpusd_618359

Analyst's view

日米欧の株式ボラティリティは低位で安定的に推移中。また、NY原油先物相場が1バレル=60ドルを視野に堅調地合いとなっている点も考えるならば、目先、米長期金利の低下圧力が高まる可能性は低いだろう。だが、米長期金利の新たなレジスト水準として2.5%が浮上しつつある(チャート①参照)。また、FEDが注視しているコアPCEは前年同月比で1.3%と市場予想の1.4%を下回る内容となった。コアPCEは1.5%と市場予想と一致したものの、米国経済が低インフレから脱却するには未だ時間が必要であることが再確認された。

上述の状況を俯瞰する場合、今週のドル円は調整相場の週となる可能性があろう。この点はテクニカル面でもいえる。米長期金利が2.5%手前でレジスト状態となっていること受け、12月21日以降、ドル円も11月高値114.73を起点とした短期レジスタンスラインで上値がレジストされ続けている(チャート②参照)。だが、リスク選好相場に大きな変化は見られない。よって、クロス円の堅調地合いがサポート要因となることで、日足転換線が相場をサポートする可能性があろう。

一方、クロス円で注視すべきは、市場の焦点が良好なファンダメンタルズに回帰しているユーロ円だろう。今週の上値攻防分岐を135.00と想定したい。また、国際商品市況の改善をベースに9月21日高値90.30を起点とした短期レジスタンスラインを完全に突破した豪ドル円は、日足雲の上限を突破すれば、さらに上値トライの展開が想定される。カナダ円も同様に、原油先物相場の堅調地合いがサポート要因となり、日足雲の上限が今週の上値攻防分岐となろう。一方、ユーロドルは、12月12日安値1.1716からの76.40%戻しでレジストされた後に反落している。だが、22日のローソク足は陰線引けとなったものの、長い下ヒゲが示現し1.18台の底堅さを演出。また、リスクリバーサル(1W / 1M)がユーロの堅調地合いを示唆している点も考えるならば、今週は1.18台で底堅い展開を想定したい。上値の攻防分岐は上述した76.40%戻しとなろう。一方、調整相場となっても、11月安値1.1552を起点とした短期サポートラインを維持するならば、ユーロドルは1.19台へ向け再上昇するだろう(チャート③参照)。


【チャート①:米10年債利回り】

chart1_20171225


【チャート②:ドル円】

chart2_20171225


【チャート③:ユーロドル】

chart3_20171225

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 技術的な過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • 外国為替市場

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • 取引の前に

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。