まだ調整相場 引き続き株式動向を注視

Market Summary
24日の海外外為市場は、米朝首脳会談の中止を受けリスク回避の円買いとなった。ドル円は一時108.94と、5月8日以来となる水準まで急落する局面が見られた。クロス円も円高一色の展開に。特にカナダ円は原油価格の下落も影響し、前日のNYタイム終値と比べ1%下落する展開となった。一方、ユーロドルは買戻し優勢の展開となり、1.1750まで反発。だが、5日MAで上値がレジストされ上昇幅は限定的だった。
米株は主要3指数がそろって下落した。米朝首脳会談の中止に加え、トランプ政権による自動車と関連部品に対する追加関税の可能性が相場を圧迫。だが、前日と同じく取引後半では買戻しが入り底堅さを垣間見せた。NY原油先物7月限は協調減産の不透明感と前日に判明した米原油在庫の積み上がりが意識され、前日比1.13ドル安の1バレル=70.71と続落。一方、NY金先物6月限はリスク回避相場を受け、前日比14.8ドル高の1トロイオンス=1304.4で終了した。

bg_chart_468939

Market Analysis
新味に欠けた5月のFOMC議事録、トランプ政権による自動車および関連部品に対する追加関税の可能性、そして突然の米朝首脳会談の中止を受け、昨日のグローバル株式市場は全面安の展開となった。目下のところ、米長期金利の低下要因は米株安以外に見当たらないが、昨日の動向はこの点を証明するかたちとなった。「米株安→米長期金利低下→日米利回り格差の縮小」を背景に、ドル円は一時108円台へ突入(チャート①参照)。一見するとリスク回避相場へ転じた感がある。だが、米株のボラティリティを確認すると、未だヒステリックな反応は示していない(チャート②参照)。事実、S&P500は2700-2750ポイントの高値圏で売り買いが交錯しているだけの状況であり、それはダウ平均も同じである(チャート②参照)。米株のボラティリティが低水準で推移し続ける限り、現在の株安は調整相場と捉えたい。だが、上値が重くなっていることは重要な事実であり、その影響はドル円の上昇圧力を後退させる要因となろう。
今後、米長期金利の低下圧力を高めるもうひとつの要因として警戒すべきが、原油価格である。6月22日に開催予定のOPEC総会で協調減産の緩やかな縮小が協議される可能性が報じられている。ロシアとサウジアラビアの動向が鍵を握るだろうが、原油高を支えてきた最大の要因に対して不透明感が高まるならば、原油価格の調整がより大きくなる可能性がある。このケースでは米長期金利の低下幅が拡大する可能性を意識したい。

本日のドル円は上値の重い展開を想定したい。下値の攻防分岐は、111円台上昇の起点となった108.60レベルとなろう。一方、上値は21日MAがレジスタンスラインとして意識されるかどうか、この点を注視したい。108.50および108.00にはビッドの観測あり。ユーロドルは短期的な反発相場を想定したい。上値の攻防分岐は5日MAとなろう。このテクニカルの突破に成功しても、ユーロ圏のファンダメンタルズに対する不透明感が意識されている状況下では、22日高値1.1829を突破する可能性は低い。下値の焦点は23日安値1.1674となろう。1.1800にはオファー、1.1680にはビッドがそれぞれ観測されている。

【チャート①:ドル円と日米利回り格差】

USDJPY ドル円 日米利回り格差

【チャート②:米株の動向】

ダウ平均 S&P500 VIX Dow

【チャート③:ドル円】

USDJPY ドル円

【チャート④:ユーロドル】

ユーロドル EURUSD

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。