ドル円は底堅い展開を想定

Overview

23日の海外外為市場は、円高優勢の展開となった。この日の米株は利益確定売りに圧され、主要3指数はそろって反落した。米10年債利回りも2.4%手前でキャップされたことで、ドル円は113.24レベルまで下落する局面が見られた。一方、ユーロ円はドル円と米株の反落、そしてスペインリスクを背景に133.10まで下落する展開に。一方、ユーロは対ドルでも売り優勢の展開となり、1.1724までユーロ安が進行した。

NY原油先物12月限は材料難のなか、前週末比0.06ドル高の1バレル=51.90と小幅高で取引を終了。NY金先物12 月限は、外為市場での米ドル高一服を背景に買戻し優勢の展開となり、前週末比0.4ドル高の1トロイオンス=1280.9と小幅に反発した。

bg_jpy_9964

Analyst's view

23日の米10年債利回りは2.397%でキャップされた。今年5月以降、2.4%前後の水準でキャップされる状況となっていることはこのレポートで指摘済みだが、昨日もこの水準での債券買い需要の強さをあらためて確認する相場となった。米10年債利回りが持続的な上昇トレンドを形成しない限り、日米金利差との連動性が高いドル円の114.50突破は難しいだろう(チャート参照)。
しかし、米10年債利回りが2.4前後でキャップされ続けても、今週のドル円は底堅さを維持する可能性が高い。欧米株式のインプライドボラティリティは引き続き低水準での推移が継続しており、株高トレンドが崩れる兆しは見られない。唯一の株安材料は北東アジアの地政学リスクだが、それが再燃するムードも現状高まっていない。株高トレンドが続く限り、ドル円は投機筋の調整による反落は散見されても、リスク回避を背景とした急落相場に陥る可能性は低いだろう。ドル円のサポート要因はもうひとつある。それはユーロ売り圧力が強まっていることだ。ドラギECBのテーパリングについて市場が未だ読み切れずユーロ安圧力が強まる中、スペインの政治リスクが外為市場で意識されている。金融政策と政治の両面でユーロドルが下落しやすい局面に陥っている点は、ドル円のサポート要因となろう。

本日のドル円は113円を中心とした攻防を想定したい。重要指標データの発表やFEDスピーカーの講演等は予定されていないが、FRB人事を巡る報道があれば米金利の動向に連動しよう。昨日高値114.10のトライが上値の焦点、一方113円台の維持が下値の焦点となろう。ユーロドルは、引き続きダウンサイドへ振れる展開を警戒したい。テクニカル面では89日MAが攻防分岐となる可能性あり。詳細はテクニカルレポートにて。


【チャート:ドル円と日米利回り格差】

chart_20171024

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。