FOMC後はドル売り加速も

Fundamentals Analysis Highlights

14日の海外外為市場はドルの売り買いが交錯する展開となった。USD/JPYは欧州タイムから強まったドル売り圧力を背景に、11月2日以来となる120.34レベルまで下落。しかし、NY時間では米国株式と米金利がともに反発したこともあり、ドル売りが一服。USD/JPYは121円台へ再上昇する局面が見られた。EUR/USDも「ドル売り→ドルの買戻し」という地合いとなり、1.10を挟んだレンジ相場は変わらず。

NY原油先物相場は一時1バレル=34ドル台に値下がりする局面が見られたが、さすがに行き過ぎの感もありその後は買戻し優勢に。36.31ドル(前日比+1.94%)で取引を終了した。

チャート

筆者の想定よりも早くドルロングを解消する動きが出始めている。「国際商品市況の低迷+株安」という現状(リスクオフムードが強まっている状況)に加え、15-16日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)後、利上げペースが相当緩慢になるとの市場観測も台頭すれば(その可能性は高い)、米債券市場でのポジション調整(ショートポジションの巻き戻し)圧力が強まろう。外為市場では「リスクオフ」プラス「米債券市場でのポジション調整」が合わさることで、短期的にドル売りが加速する展開が想定される。

そのような展開となれば、USD/JPYは118円台の維持が再び焦点として浮上する展開が想定される。EUR/USDは日足の一目/雲、リトレースメント50.00%及び61.80%(8月-12月高安)のテクニカルポイントを尽くを突破し、1.14台へ再上昇する可能性があろう。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • リミット

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。

  • 取引方法

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 取引プランを使う理由

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。