焦点は欧米株式の動向

Market Summary

昨日の海外外為市場は、円高圧力が強まる展開となった。この日の海外株式は総じて下落。特に米国株式ではダウ平均が史上最大の下げ幅を記録した。米国債券市場ではさすがに債券を買い戻す動きが強まり、10年債利回りは2.70%台まで急低下した。世界的な株安を背景に外為市場では円を買い戻す動きが強まった。ドル円はNYタイムに下落幅が拡大し始めると、本日早朝に108.97まで急落する局面が見られた。一方、クロス円も総じて円高優勢の展開に。ユーロドルの調整を受け、ユーロ円はNYタイムに136.90台から134円台へと急落。オセアニアタイムでは一時134.89を付ける局面が見られた。

米国株式市場は世界的な株高調整の圧力を受け、主要3指数が急落する展開に。ダウ平均の下げ幅は一時1,600ドルに迫る局面が見られた。米株高のけん引役だったナスダック総合も前週末比273.42ポイント安の6967.53と、昨年12月29日以来の安値水準で終了した。NY原油先物3月限はリスク回避相場が嫌気され、前週末比1.30ドル安の1バレル=64.15と続落。一方、NY金先物4月限はリスク回避相場よりも対ユーロでの米ドル買戻しの方が意識され、前週末比0.8ドル安の1トロイオンス=1,336.5と小幅に続落する展開となった。

bg_us stocks new 2

Market Analysis

直近のユーロドルは、フィボナッチ・プロジェクション76.40%がレジスタンスとして意識され、相場をサポートしてきた10日MAを下方ブレイク。また、リスクリバーサル(1M)も再び拡大基調へ転じており、調整相場へシフトするムードが高まっている(チャート①参照)。本来ならば、対ユーロでの米ドル高はドル円のサポート要因となる。しかし、5日は世界的な株安を受け、リスク回避の円買い圧力の方が勝った。このため、対ユーロでの米ドル買戻しの影響は完全に相殺されてしまった。米国株式のボラティリティが急騰している現状を鑑みるに、リスク回避相場の影響は短期的に残るだろう(チャート②参照)。だが、直近の世界的な株安は、現在の金利水準が高すぎることを市場に教えた。今後、金利上昇の局面ではリスク回避相場が意識されることで、債券を買い戻す動きが散見されよう。その結果、金利が上昇してもそのペースは緩やかなものとなる可能性があろう。さらに欧米の指標データをはじめ、世界経済のファンダメンタルズが大きく崩れるデータが見当たらないことも考えるならば、現時点では、直近の株安はスピード調整と判断。

本日のドル円は株式市場にらみの展開となろう。リスクリバーサル(1M)が再び拡大している点を考えるならば、市場は下落リスクを警戒している。東京タイムは株安が継続する可能性がある。よって、重要サポートポイント108.27もしくはビッドが観測されている108.00トライを警戒したい。注視すべきは欧州タイム以降の株式動向だろう。直近の下落を受け押し目買い圧力が強まるならば、ドル円をはじめとした円相場は一転して円安ムードを強める展開が想定される。株式の反発に加え、ユーロドルで調整相場が継続し1.2300トライとなれば、ドル円は21日MA(110.17レベル)を視野に上昇幅が拡大しよう。チャート分析の詳細はテクニカルレポートにて。


【チャート①:ユーロドル】

chart1_20180206


【チャート②:株式ボラティリティと米10年債利回り】

chart2_20180206

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • リスクを管理する方法

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。

  • レバレッジ取引を行う

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。

  • 料金設定とファンディングコスト

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。