焦点はドル円とポンド円

Market Summary

23日の海外外為市場は、米ドル安優勢の展開となった。良好な指標データを背景にユーロドルは今月17日以来となる1.23台を回復すると、NYタイムに1.2306まで上昇する局面が見られた。対ユーロでの持続的な米ドル安に加え、原油先物相場の続伸も重なり、カナダドルやロシアルーブルといった資源国/新興国通貨も対米ドルで買い優勢の展開となった。根強い米ドル売りの影響はドル円にも波及し、NYタイムには110.23まで下落する展開に。クロス円はドル円に引きずられ、ロンドンタイムは円高優勢の局面が見られた。しかし、リスク選好相場がサポート要因となり、ロンドン勢が引けた後は円安優勢へと転じた。

米国株式は利益確定売りに圧され、ダウ平均が小反落。一方、S&P500指数とナスダック総合は過去最高値を更新する展開に。NY原油先物3月限は米国の原油在庫が減少するとの観測を背景に、前日比0.90ドル高の1バレル=64.47と続伸。一方、NY金先物2 月限は米ドル安を背景に、前日比4.8ドル高の1トロイオンス=1336.7と反発した。

bg_pound GBP sterling 06

Market Analysis

黒田日銀総裁は23日の会見で、出口を対応する局面に至っていないと、市場で意識され始めているテーパリング(=金融緩和の縮小)観測をあらためて否定した。だが、今週の日米利回り格差の動向を確認すると縮小傾向にあり、黒田総裁の会見後もこの傾向は続いた(チャート①参照)。一方、米独利回り格差も同様に縮小傾向にあり、ユーロドルは1.23台の攻防へとシフトしつつある(チャート①参照)。対ユーロでの根強い米ドル安に加え、日米利回り格差の拡大よりも縮小の方に敏感に反応している地合いを考えるならば、本日のドル円は下値の攻防分岐110.15トライを警戒したい(チャート②参照)。このレベルを挟んでビッドも展開しており、オーダー状況の面でも110.15は重要サポートポイントと言える。このポイントを下方ブレイクする場合は、節目の110円トライは時間の問題となろう。

一方、クロス円で注視すべき通貨ペアはポンド円となろう。ポンド相場はソフトBrexitに対する期待を背景に、対ドル&円でBrexit後の高値水準を更新中。本日の雇用関連指標が市場予想を上回れば、ポンド買い圧力がさらに強まる展開を想定したい。逆に冴えない内容となれば調整相場を警戒したい。前者の場合、上値の攻防分岐は昨日高値155.38となろう。このレベルを突破する場合、標準誤差回帰分析バンドの上限が推移している156.00前後を次のターゲットと想定したい。対ユーロだけでなく、対ポンドでも米ドル売り圧力が強まれば、ドル円の下値トライ圧力を強める要因となり得るため要注意。調整相場の場合は、リトレースメント38.20%の水準にあたる153.40レベルの維持が焦点となろう。今日現在、10日MAが38.20%戻しと同じ水準まで上昇中(チャート③参照)。


【チャート①:利回り格差と為替動向】

chart1_20180124


【チャート②:ドル円】

chart2_20180124


【チャート③:ポンド円】

chart3_20180124

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • リスクの度合いを測る

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。

  • 注文とは

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。

  • 市場を動かす要因

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。