ドル円は調整相場を警戒

Summary

今週後半は日米の祝日が重なり市場参加者が限られる。よって、週前半の外為市場の動きを注視したい。米国市場では株高の調整ムードがにわかに強まっており、米10年債利回りは2.4%で再びキャップされ、米ドル安圧力が強まりやすい状況となっている。米ドル安が継続する場合、最も注視すべき通貨ペアはドル円だろう。通貨先物市場では円の売り越しが約13.6万枚まで増加中。米ドル安圧力に調整の円高圧力が加われば、日足一目雲の攻防へシフトする展開が想定される。一方、ユーロドルは1.1860のレジスタンスポイントを突破できるかどうか、この点が焦点となろう。注視すべきイベントは、20日のドラギECB総裁による欧州議会公聴会での講演、22日のイエレンFRB議長による講演、米指標データそしてFOMC議事録となろう。

bg_japan yen usd 01

Analyst's view

米10年債利回りは、再び2.4%の水準でキャップされている(チャート①)。市場予想を上回った10月米CPIコア(前年同月比)および下院による税制改革法案の可決に対する米金利の反応が限定的である事実は、低インフレからの早期脱却とトランプ減税の年内成立に対する米債市場参加者の根強い不信感を示唆している。今週はインフレと直接関係する米指標データの発表は予定されていない。また、可決された下院案とは別に上院では独自の案が可決される可能性が現時点で高いことを考えるならば、トランプ減税に対する期待が再び盛り上がるタイミングでもない。さらに、米国株式市場で調整ムードがにわかに強まっている点も考えるならば、今週は米ドル安継続の週となる可能性があろう。

米ドル安が継続する場合、ドル円は調整相場の加速を警戒したい。上述した米ドル安の環境に加え、シカゴIMM通貨先物市場の円の売り(ショート)越しが約13.6万枚まで増加している。感謝祭を前に米国株式市場で調整ムードがさらに強まれば、日本株もその影響を受けることで、円ショートを巻き戻す動きが強まることが想定される。さらにテクニカル面ではアベノミクス導入後の高値レベルを起点としたレジスタンスラインで上値がレジストされ、一目転換線が基準線を下方ブレイクしている(チャート②&③)。これらの状況を考えるならば、ドル円が下値トライとなる場合、日足の一目雲の維持が焦点として浮上しよう。

一方、ユーロドルは1.1860レベルの攻防が焦点となろう(チャート④)。このレベルをトライするシグナルとして75日MAの攻防に引き続き注視したい。1.1860レベルの突破となれば、対ユーロでさらに米ドル安が加速しよう。ユーロドルが上値トライとなれば、ドル円の下落圧力を高める要因となろう。


【チャート①:米10年債利回り】

chart1_20171120


【チャート②:ドル円:長期レジスタンスライン】

chart2_20171120


【チャート③:ドル円:一目均衡表】

chart3_20171120


【チャート④:ユーロドル】

chart4_20171120

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。