マーケットの焦点は米FOMCに集中

Market Overview -米FOMC後のシナリオ

イエレンFRB議長

今週の外為市場では、ドル高の継続が最大の焦点となろう。それを見極める上で重要な試金石となるのが、17-18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)だろう。イエレンFRBが6月利上げスタンスを鮮明にすれば、所々で調整が入りながらもドル高トレンドは継続しよう。逆に6月利上げの可能性が後退すれば、短期的にドル安への逆回転リスクを警戒したい。

イエレンFRBのスタンスはタカ派かハト派か。この点を見極める上で重要なポイントは、好調な労働関連指標と低迷するインフレ指標をイエレンFRBがどのように捉えているかだろう。1月のFOMC声明文では、労働市場の改善が短期的リスクとしての低インフレから脱却するきっかけになると指摘した。堅調な労働市場の改善を重視し、「辛抱強くなれる(be patient)」の文言を削除し、前回利上げ時(2004年当時)に用いられた「緩やかなペース(measured pace)」と同義語の文言を新たに盛り込んで来れば、グローバル市場は米6月利上げを意識しよう。タカ派スタンスが判明した場合の焦点は、米国株式の動向にあろう。現時点で、米早期利上げ観測はドル独歩高(ドルインデックスが節目の100.00をトライする状況)を誘発すると同時に、米株の不安定化を招いている。イエレンFRBのタカ派スタンスを受け、米株の下落が「トレンド化」すれば、外為市場ではリスク回避のドル高が「トレンド化」しよう。この場合、対ユーロ、資源国通貨そして新興国通貨でドル高が鮮明となろう。ただし、対円ではドル安優勢の展開を想定したい。「株安+ドルストレートでのドル買い」が合わさり、クロス円(特にEUR/JPY)での円高傾向が鮮明となるからだ。また、リスク回避から商品市況も軟調な地合いとなることで、資源国通貨(AUD、CAD)や高金利通貨(NZD)も対円で下落トレンドが鮮明になると想定する。

逆にイエレンFRBが、ドル高による悪影響(輸出の減少・米企業業績の悪化)と原油安による低インフレ懸念を重要視するスタンスを示せば、マーケットは6月利上げの可能性が後退したと捉えよう。この場合、米国マーケットは「株高・金利低下(債券価格の上昇)」の展開となろう。外為市場では、短期的にドル安への反転リスクを警戒するフェーズへとシフトしよう。特に約12年ぶりの安値水準まで急落しているEUR/USDの動向には要注意。この通貨ペアは一方向にトレンドが振れる性質がある。FOMCで6月利上げ観測が後退し、一転してユーロショートカバー&ドル売りとなれば、これまでの反動から短期的に急騰するリスクがあろう。EUR/USDがそのような展開となれば、米6月利上げ観測後退により商品市況の上昇がサポート要因になると想定される資源国通貨や資本流出懸念が後退する新興国通貨でもドルロングを解消する動きが加速しよう。一方、円相場では株高を背景にクロス円が上昇し、ドル円でのドル売り圧力を相殺しよう。よって、ドル円の下値はクロス円の動向次第ということになろう。

尚、日本国内では16-17日の日程で日銀金融政策決定会合が開催される。来月に統一地方選挙が予定されていること、そして現在の国内株式や円相場の水準を鑑みるに、日銀が新たな金融政策を打ち出す可能性は低い。よって、今会合による外為市場へのインパクトは限定的だろう。黒田日銀総裁が、直近の原油安と国内インフレ低下についてどのような発言をするか、この点を注視したい。

Today’s Outlook -イベント前のドル安・円高への反転リスクを警戒

米FOMCを控え、本日の外為市場はレンジ相場の一日となる可能性が高い。ドル相場で注意すべきはイベント前の調整だろう。本日の米指標データが総じて冴えない内容となれば、ドルロングを解消する動きが強まる展開に警戒したい。特にEUR/USDでのドルロング調整が加速した場合、他の主要国通貨でもドル売り優勢の展開となろう。

円相場で警戒すべきは株式下落と円高リスクだろう。日経平均は節目の2万円に向け急上昇しているが、逆に言えば重要イベント前では調整色が強まりやすい環境にあるとも言える。また、早期利上げ懸念を背景に米株が続落となれば、円相場はクロス円を中心に円高圧力が強まろう。「日米株安+リスク回避のドル高」となれば、ユーロ円が円高のけん引役となり、ドル円も下値トライの展開となろう。

Technical analysis highlights

レジスタンス 122.50:レジスタンスポイント 122.03:3月10日高値
サポート 119.80:21日MA(13日現在、赤ライン) 119.25:サポートライン

今週の焦点はサポートラインの維持にあろう。米FOMC後、株式市場で下落圧力が強まり21日MAをブレイクしても、世界的なドル高圧力によりこのラインを維持できるならば、今月中にも122円台へ再上昇し、さらに上値トライとなる可能性がある。
逆に122円台へ再上昇することなくこのラインを下方ブレイクした場合は、リトレースメント61.80%戻し118.20レベル(118円台)を維持できるかが注目ポイント。

EUR/USD

レジスタンス 1.0715:リトレースメント23.60%戻し 1.0700:レジスタンスポイント
サポート 1.0450:サポートポイント 1.0400:サポートポイント

1.05レベルを完全に下方ブレイクしたことで、1.04台の維持が次の焦点として浮上。主要なテクニカルポイントを尽く突破したことから、目先はオーダー状況からサポートポイントを探ることになろう。1.0450レベルにはビッド、1.0400には厚いビッドとオプションバリアがそれぞれ観測されており、まずはこれらのレベルで反転するかが注目される。一方、上値は1.07台への再上昇が焦点となろう。テクニカル面では、13日安値からの23.60%戻しでの攻防となるかが注目される。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。