イベントリスクとしてのFOMC

Market Overview-現在の状況から脱するのはまだ先

bg_russia ukraine 260814

16日の海外外為市場では、円の売り買いが交錯した。引き続き原油安とそれに伴うロシアリスクが意識されたことで米金利の低空飛行状態は変わらず。ドル円は、米金利の低下によるドル売りとリスク回避の円買いにより、一時115.56レベルまで急落する局面が見られた。その後、原油価格と米株の反発を受け一時は117.76レベルまで急反発。しかし、終盤に再び米株が下落幅を拡大させると円買い圧力も強まり、116.50レベルまで反落。クロス円もドル円と同様の展開となった。

ドル相場は売り優勢となった。上述した米金利の低下に加え、この日発表された欧州&独経済指標が総じて市場予想を上回ったことでユーロドルが反発。ドルインデックスは87.50レベルを視野に下落する局面が見られた。

一方、ロシアルーブルは対ドルで一時1ドル=78ルーブル台まで下落し過去最安値を更新。ロシア中銀は通貨防衛のため16日、政策金利を10.5%から17.0%へ引き上げた。しかし根本的な問題、つまり欧米の経済制裁と原油依存の経済構造から脱することが出来ない限り、ルーブルはさらに下値を模索する可能性が高いだろう。

中国リスクに加えてロシアリスクまで加わったことで、グローバル市場はリスク回避優勢の展開となっている。ただ、昨日の中国上海総合指数は新たな景気刺激策への期待感からむしろ上昇基調となれば、主要な欧州株価指数も軒並み反発。昨年5月のようなバーナンキショックの様相は未だ呈していない。これまでリスク選好の土台となってきた米ファンダメンタルズ改善期待と日欧緩和マネー流入期待が崩れていないことが、その背景にあろう。

だが、海外勢のクリスマス休暇が明けるまでグローバル株式市場では調整相場が続くことが想定される。タイミング悪く中国&ロシアリスクが重なったことで、現在の「株安・米金利低下・ドル売り&円の買い戻し」という不安定な状況は来週にかけて継続する可能性が高いだろう。

Today’s Outlook -マーケットの耳目はFOMC

本日の焦点は、米連邦公開市場委員会(FOMC)となろう。昨日も指摘した通り、年内最後のFOMCはリスクイベントになる可能性がある。
注視すべきはイエレンFRBのタカ派スタンス転向にあろう。FOMC声明で低金利継続に関する「相当の期間」という文言を完全に削除し、且つ経済見通し(特にインフレ見通し)やドットチャート(9月時点のフェデラルファンド(FF)金利見通しは2015年末1.25%程度、2016年末2.75%程度)が軒並み上方修正となれば、マーケットはタカ派寄りと捉えよう。米短期金利は反発しよう。グローバル市場の不安定化が続くタイミングで米短期金利の上昇のみを招く結果となれば、「米株下落→グローバル株式市場不安定化→米金利低下→ドル売り&円買い」の連鎖となろう。一方、ファンダメンタルズのぜい弱な新興国、特にFragile5の通貨は対ドル&円で売り優勢の展開となろう。

一方、ハト派スタンス継続(「相当の期間」を維持する)ならば米株の反発要因となろう。この場合、円相場は円安優勢の展開となるだろうが、ドル相場は米金利の低空飛行(株高オンリーのリスク選好)を背景に対ユーロや新興国通貨に対して軟調地合いになると想定する。また、「相当の期間」という文言を変更する場合(例えば「辛抱する-patient」)は、用いる表現次第でマーケットの動向が左右されよう。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 118.63:一目/転換線(16日現在) 118.00:レジスタンスポイント
サポート 115.50:リトレースメント38.20% 115.00:サポートポイント

グローバル株式市場の不安定化は継続中。また、短期サポートラインも一時的にせよ下方ブレイクしたことで、本日も円高リスクを警戒したい。目先の焦点は、121.86からの38.20%戻し115.50レベルだろう。昨日はこのポイント上で反発した。一方、上値は転換線(緑ライン)の突破が焦点となろう。尚、朝方のオーダー状況を確認すると118.25、119.00-10レベルにはオファーが観測されている。ビッドは116.50、116.00そして115.50レベルに観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.2633:10月30日高値 1.2600:一目/雲の下限
サポート 1.2424:一目/基準線(赤ライン) 1.2362:12月10日安値

一目/雲の攻防へとシフトするかが注目される。今日現在、下限は1.2600前後に位置している。突破した場合は10月30日高値1.2633レベルが次の焦点として浮上しよう。一方、下値は一目/基準線での攻防に注目したい。尚、朝方のオーダー状況を確認すると1.2550から1.2600にかけてはオファーが断続的に並んでいる。1.2400から1.2350レベルにかけてはビッドが並んでいる。

 

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。