焦点はFEDスピーカーのスタンスと米指標データ

Market Overview -米金利上昇によりドル相場は売り買い交錯

bg_us_flag_492100

25日の海外外為市場では、ドルの売り買いが交錯する展開に。好調な独指標データと冴えない米指標データを背景にドル売り圧力が強まり、EUR/USDは連日の1.10台乗せ。USD/JPYは前日同様119.20台までドル安が進行した。対ユーロ&円でドル安が進行した一方、対資源国通貨や新興国通貨ではドルが堅調に推移。インフレ低下が鮮明となってきた英ポンドに対してもNYタイムはドル高優勢で推移した。

昨日の外為市場は、上記の通り各主要通貨でドルの方向性がまちまちとなる一方、原油価格続伸にもかかわらず資源国通貨は軟調に推移する等、複雑化した。
この状況を解く鍵は米金利にあろう。米国経済の先行き不透明感を背景に米株が不安定化し続けているにもかかわらず、米金利は、昨日の米5年債入札が不調に終わったことを背景に各ゾーンで上昇。特に米金融政策の方向性に敏感な2年債利回りが再び0.60%台へ再上昇したことで、「米金利上昇オンリーのドル高」圧力を強めた。「米金利上昇オンリーのドル高」とは、言い換えれば「リスク回避のドル高」である。このような状況下では、リスク(株安)に敏感な資源国通貨やファンダメンタルズ面で脆弱な新興国通貨は対ドルで売り圧力が強まり易い。また、株安を背景としたリスク回避圧力は円買い圧力も強めることから、USD/JPYが下落した事とも整合的である。そして昨日のUSD/JPYの動向が示唆するところは、円相場の重要ファクターは、やはり米株である、ということだろう。言い換えれば、USD/JPYが今年高値の122.03を更新するには「米株高+金利上昇」が必須条件とうことであり、またクロス円が円安トレンドを維持するにも、リスク選好の先導役である米株が高値圏を維持することが必須条件であるということを示唆している。


Today’s Outlook - FEDスピーカーのスタンスと米指標データ

欧米株式が揃って崩れたことで、本日の国内株式も利益確定売り優勢の展開となろう。円相場はクロス円を中心に円高優勢で推移しよう。 外為市場が大きく動くとしたら、FEDスピーカーの講演が予定されている欧州タイム以降だろう。17時35分にブラード・セントルイス連銀総裁の講演、22時にロックハート・アトランタ地区連銀総裁のパネルディスカッションが予定されている。ブラード総裁は24日のロンドン討論会で早期利上げに向け積極的な姿勢を示している。一方、ロックハート総裁も今月20日のジョージア州アセンズでの講演後、記者団に対して6月利上げの可能性に言及している。両総裁の早期利上げに対する姿勢が維持されれば、ドル相場への影響は限定的だろう。一方、直近の冴えない米指標データ(雇用関連指標以外)を鑑み、将来の金融政策についてハト派寄りの発言があれば、ドル安圧力を強めよう。21時30分に発表される新規失業保険申請件数もドル相場の変動要因として注目しておきたい。


Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 120.35:10日MA(赤ライン) 120.00:レジスタンスポイント
サポート 119.20:サポートポイント 118.94:リトレースメント50.00%

ついにローソク足の実体ベースで1月安値を起点としたサポートラインを下方ブレイク。目先、118円台の攻防へシフトする展開を想定したい。テクニカル面では、122.03からの50.00%戻し118.94レベルで反転するかが注目される。このサポートポイント上にはビッドが観測されている。一方、上値は十字線が示現した高値119.99レベル(120.00)のブレイクが焦点となろう。
尚、直近のオーダー状況だが120.00にはオファー、119.20-00、118.80そして118.50レベルにはそれぞれビッドが観測されている。

ドル円日足 出所:ProRealTimeチャート

EUR/USD

レジスタンス 1.1125:リトレースメント61.80% 1.1044:3月18高値
サポート 1.0867:21日MA 1.0762:一目/転換線

レジスタンスラインを上昇ブレイクしつつある。完全に突破した場合は、短期的な上限を1.1125レベル(直近安値1.0462からの61.80%戻し)と想定し、まずはNYオプションカットが観測されている1.1025、3月18日高値1.1044での攻防が焦点となろう。一方、下値は21日MAがサポートラインとして意識されるかが焦点となろう。

ユーロドル日足 出所:ProRealTimeチャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 料金設定とファンディングコスト

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。

  • 価格とウエイト

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • CFD取引

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。