米国マーケット「株高/金利上昇」の共存関係構築はまだ先

アナリストの視点-米労働市場改善も「株安」で反応

チャート

5日に発表された米雇用統計(5月分)は、非農業部門雇用者数が前月比28万人増と市場予想(22.5万人増)を大きく上回った。1時間当たりの平均賃金も前年同月比2.3%増と、2013年8月以来の大きな伸びを示した。米債券市場は良好な雇用統計の内容に金利上昇で素直に反応。外為市場でもドル高で反応し、USD/JPYは125.86レベルと、約13年ぶりの高値水準まで上昇した。

今回の雇用統計で筆者が注目していたのは、2つのポイントだった。ひとつは、1-3月期の景気低迷が一時的な現象であったとの証拠を労働市場の持続的な改善で示すことができるかどうか。もうひとつは、持続的な改善が示された場合の米株の反応だった。世界的に金利への上昇圧力が強まるタイミングでの良好な雇用統計は、これまで米株のサポート要因となってきた早期利上げ先延ばし期待を後退させ、むしろ米株の圧迫要因になると考えていたからだ。

結果は「株安」で反応。通常であれば、労働市場の改善はファンダメンタルズの改善が進行していることの証左である。よって「株高/金利上昇」で反応するのがリスク選好下でのセオリーだろう。しかし、実際はセオリー通りにいかず「株安/金利上昇」となった事実は、目下株高とドル高の共存関係が成り立たないことを示唆している(今年3月以降、ドル高懸念を背景に株安となる局面が多く散見され始めている)。米金融政策の動向に敏感な2年債利回りは、雇用統計の結果を受け今年3月の水準まで上昇してきた。5月中旬以降、この利回りと10年債利回りとの上昇率格差が目立っていたが、その差は「米ファンダメンタルズの改善は今後も継続するだろう。しかし早期利上げを促すほどの改善ではない」ということを示唆していた。だが、今週後半に発表される米指標データ(小売売上高、生産者物価指数、ミシガン大学消費者態度指数速報値)が総じて市場予想を上回るならば、「早期利上げを促すほどのファンダメンタルズ改善」が意識され、米年内利上げへの思惑がさらに強まろう。実際、FF金利先物市場での10月までの利上げ確率は5日時点で50.0%まで上昇している。雇用統計に続き良好な指標データが続いた場合、「ドル高/金利上昇」の共存関係は構築されるだろうが、その関係が米株ではリスク要因として意識され「株高/金利上昇」の共存関係が構築される可能性は低いだろう。

年内利上げ懸念による米株の不安定化に加え(先週のダウ平均週間騰落率は世界的な金利上昇がリスク要因として意識され前週比マイナス0.90%)、世界的な金利上昇のトレンドが継続すればグローバル株式市場全体が不安定化する可能性が高まろう。且つ中国経済に対する不透明感が今週の指標データで強まれば、外為市場ではリスク回避のドル高/円高トレンドが鮮明となろう。そのような展開となれば、USD/JPYは円買い圧力がドル高圧力を凌駕する展開を想定したい。目先のチャートのポイントについては下記「Technical analysis highlights」を参照されたい。

本日の焦点-USD/JPY、目先は126円台トライの展開を想定

ドル高継続を軸に考えた場合、本日はUSD/JPYが126円トライとなるかどうか、この点に注目したい。このレベルは、変則的ながらも「ヘッド・アンド・ショルダー」の「ショルダー」と考えることができる(「ヘッド」は2002年1月31日高値135.18レベル)。イエレン議長による年内利上げ発言以降強まっている期待先行のドル買い加え、良好な米雇用統計という実態の伴った期待も加わったことを考えるならば、このレベルまでの上昇は想定しておきたい。

ただ、上述したようにグローバル株式市場の動向によっては、一転円高へ振れる可能性を常に意識しておくことが重要だろう。

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 126.83:2001年4月2日高値 126.13:2001年7月6日高値
サポート 124.82:5日MA(赤ライン) 124.36:10日MA(緑ライン)

上値は126円台への上昇が焦点。下値は5日/10日MAでサポートされるかが注目される。尚、直近のオーダー状況だが、126.00には厚いオファーとオプションバリアが観測されている。126.20上にはストップの観測あり。
一方、ビッドは125.00、124.00にそれぞれ観測されている。

EUR/USD

レジスタンス 1.1143:一目/基準線(赤ライン) 1.1131:21日MA(緑ライン)
サポート 1.1052:10日MA(黄ライン) 1.1000:サポートポイント

日足の一目/基準線と21日MAが密集している1.1140レベルの突破か10日MAのブレイクか、本日はこの点が焦点となろう。
RSIは売り買い分水嶺の50.00付近で右往左往し、ADXが低下傾向にある点を考えるならば、10日MAブレイクの可能性を意識したい。
尚、直近のオーダー状況だが1.1030及び1.1000にはビッドが観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。