米ドル安継続の鍵は米賃金動向に

Market Overview

今週の外為市場の焦点は、米ドル安が継続するか否か、この点にあろう。引き続き注視すべきは、米指標データとなろう。特に市場の関心を集めるのが7月の賃金動向となろう。直近3か月間の賃金の伸び率は、前年同月比2.5%増で抑制状態となっている。この状況が続けば「米金利低下→米ドル安」のトレンドが継続する可能性がある。ドル円は節目の110円トライを警戒したい。110円を割り込む展開は、株式市場で調整圧力が強まっている可能性が高いだろう。

bg_data_1384060

Analyst's view

4-6月期(Q2)の米GDP速報値は、市場予想の2.6%増と一致。けん引役は2.8%増へ急回復した個人消費だった。この内容に対して外為市場は米ドル安で反応。雇用コスト指数の鈍化が米ドル売り圧力を強めた、との指摘がある。だが、個人消費がQ1の1.1%増から急回復している点を考えるならば、むしろ米ドル高で反応してもおかしくなかった。しかし、そうはならなかった事実に、米ドル安継続の可能性があると考えられる。

米ドル安の要因は、米長期金利(10年債利回り)の低下にある。7月に10年債利回りが低下したタイミングを確認すると、①6月米雇用統計後と②7月FOMC後である(チャート参照)。これらに共通するのは、イエレンFRB(FED)の金融引き締めペースに対して不透明感が強まった点である。上述のとおり、直近3か月間の平均賃金は前年同月比で2.5%増と抑制状態。この状況が続く限り「個人消費の拡大→企業活動の活発化→景気拡大→インフレ(期待)の上昇」の好循環と利上げペース維持に対する期待を市場が抱くことは難しいだろう。また、7月FOMCではバランスシートの縮小を急ぐスタンスを鮮明にしたことで、利上げペースに対する不透明感がまた強まった。
これを払しょくするためには、良好な指標データが求められる。この観点で、今週は7月雇用統計が最大の焦点となろう。特に注目されるのが賃金動向である。引き続き抑制された状況が確認されるならば「米金利低下→米ドル安」が継続する展開を想定したい。ドル円は110円トライを警戒したい。株式動向次第では110円以下の攻防となる可能性があろう。一方、賃金の堅調な伸びが確認されるならば、逆の展開を想定したい。だが、良好な雇用統計のみをもって米金利が反発基調を維持することはないだろう。そのためには、CPIや小売売上高といった重要指標データも逐一見極める必要があろう。また、内部対立が激化するトランプ政権の動向が良好な指標データの相殺要因となる可能性がある。この点については次回以降のレポートにて。


【チャート①:ドル円と米10年債利回りの動向】

chart1_20170731


【チャート②:ドル円のテクニカルチャート】

chart2_20170731

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 配当金

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。

  • レバレッジ入門

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。

  • 取引方法

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。