今週の焦点は米指標データと欧州株式

Market Overview

21日の米国株式は、ゼネラル・エレクトリックの冴えない決算と原油安が嫌気され、ダウ平均とS&P500指数がそろって下落した。連日最高値を更新中だったナスダック総合も利益確定売りに圧され、小幅に反落した。米10年債利回りは、米株安&原油安を受け低下。一時、6月29日以来となる2.225%まで低下する局面が見られた。冴えない米国市場の動向を受け海外外為市場では、ドル円が日足一目雲の攻防へシフト。ビッドが観測されている111.00をかろうじて維持した(安値111.01)。一方、ユーロドルは上昇基調を維持し、1.1683レベルまで上昇する局面が見られた。

今週は、米指標データと欧州株式にらみの展開となろう。これらの動向/内容次第でドル円は、110円を一気に目指す可能性がある。

bg_data_1388620

Analyst's view

2017年以降、米10年債利回りはトランプ政策に対する思惑と連動する局面が散見されてきた。先週18日にオバマケアの代替法案が頓挫したことで、再びトランプ政策に対する不透明感が台頭。インフレ鈍化懸念も合わさり米10年債利回りは21日、一時2.23%を割り込む局面が見られた。米金利の低下が米ドル安要因であることは、このレポートで何度も指摘済み。事実、ドルインデックスは3月以降の米金利に歩調を合わせ94.00割れの展開となれば、フランスリスクが後退した4月24日以降、米独利回り格差の縮小を背景に対ユーロでは約6.9%も米ドル安が進行している。一方、ドル円は108.00-115.00のレンジで売り買いが交錯しているが、米金利が持続的な上昇トレンドを形成しない限り、110円割れリスクが常に伴うだろう。その米金利が再び上昇基調へ転じるには、良好な指標データが必要条件である。この観点で今週は、28日のQ2GDP速報値が市場の耳目を集めよう。特に注目されるのが、米経済のエンジンである個人消費である。Q1GDP減速の要因となった個人消費が引き続き低調な内容となれば、インフレ鈍化は今後も続くと市場は捉えよう。そして、米金利の低空飛行と米ドル安の状況が継続しよう。ドル円は緩やかに下値トライの展開となるだろう。

米指標データと同様、今週注視すべきは欧州株式の動向である。米金利が低下してもドル円が上記のレンジ(108.00-115.00)で売り買いが交錯している背景にあるのは、世界的な株高トレンドが米金利低下に伴う米ドル安圧力を相殺していることにある。しかし、直近の欧州株式は続落中。ECB理事会後に上値が重くなっている点を考えるならば、今週は①緩和マネー縮小に対する懸念、②欧州金利の上昇懸念、③ユーロ高という3つの要因が欧州株の調整トリガーとなる可能性がある。欧州株が崩れれば、そのネガティブインパクトは米株にも波及しよう。シカゴ通貨先物市場における投機筋の円ショートが約12.6万枚の水準まで積み上がっている点を考えるならば、欧米株式の下落は投機筋にとって絶好の円買い機会となろう(チャート①参照)。また、米金利への低下圧力もさらに強まることで、ドル円は一気に110円ブレイクを目指す可能性すらある。逆に良好な米指標データ&株高維持となれば、ドル円は日足一目雲でサポートされる展開を想定したい(チャート②参照)。
一方、ユーロドルは、リスクリバーサルに大きな変動が見られない点を考えるならば、底堅い展開が想定される。だがユーロ高は株安要因であると同時に、デフレ懸念の再燃材料でもある。テクニカル面では標準誤差回帰分析バンドの上限を突っかける展開となっている。これらの状況を考える場合、常に調整局面を意識したい。目先はオファーが観測されている1.17前後での反落を警戒したい(チャート③)。


【チャート①:投機筋の円ショートポジション】

chart1_20170724


【チャート②:ドル円のテクニカルチャート】

chart2_20170724


【チャート③:ユーロドルのテクニカルチャート】

chart3_20170724

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。