好循環と米政策リスクに板挟みのドル円

Market Overview

24日の海外外為市場は、米ドル売り優勢の展開となった。公表されたFOMC議事録では、鈍いインフレ上昇に対する懸念が示された。これが米金利の低下圧力を強め、米2年債利回りは1.30%を割り込む展開に。10年債利回りは2.25%付近まで低下した。米金利の低下は米ドル売り圧力を強め、ドル円は111円ミドル割れの局面が見られた。ただ、FEDのインフレに対する慎重な見方は、米株で好感され(=性急な金融引き締め懸念の後退を想起させ)、ダウ平均は5日続伸。S&P500は最高値を更新した。株高は円高圧力の相殺要因となった。一方、ユーロドルは1.12台を回復し、1.1220レベルまで上昇した。
国際商品市況では、NY原油先物7月限が前日比0.11ドル安と小反落。25日のOPEC総会前にポジションを調整する動きが強まった。一方、NY金先物6 月限は株高を背景に前日比2.4ドル安と続落した。

bg_federal_reserve_1157133

Analyst's view

世界的なリスク選好ムードが続いている。欧州政治リスクの後退後、欧州や新興国株式は世界の株式パフォーマンスを凌駕する状況が続いている(チャート①参照)。米株のパフォーマンスには出遅れ感が見られるが、昨日はS&P500が過去最高値を更新する等、政治リスクに直面しながらも株高トレンドを維持している。一方、外為市場では5月上旬以降、資源&新興国通貨への買い圧力が強まっている(対ドル)。後者の状況は、国際商品市況の反発も寄与している。そして国際商品市況の反発が株式市場でのエネルギーセクターのサポート要因ともなることで、リスク選好の好循環が形成されている。

この循環に追随出来ないのが、米ドルである。チャート②を確認すると、米株(S&P500)とのパフォーマンスかい離が鮮明となっている。株高は米金利に対する低下圧力の後退要因となっているにもかかわらず、米ドル売り圧力が継続する理由は、①米政策リスク、②欧州政治の後退とユーロ買い、③6月米利上げ確率の織り込みと考えられる。①は通商政策リスクの他、米政治の停滞に伴うトランプ政策の頓挫リスクも含み、米ドル特有のリスク要因として今後も意識されるだろう。②はドラギECBによる政策変更への思惑へとつながる。14日の州議会選挙でドイツの政治リスクも後退したことで、ECBは現状の金融緩和政策を変更するシグナルを強めてくる可能性があろう。これは対ドルでのさらなるユーロ高材料となり得る。そして③は、80%前後まで6月利上げ確率が織り込まれている状況では、もはや米金利と米ドルの上昇材料としての鮮度を失っている。これら要因が絡み合い、現在の米ドル安トレンドが形成されていると思われる。①のリスクがくするぶり続ける以上、米ドル相場反発のきっかけは米金利にあろう。昨日のFOMC議事録の内容を鑑みるならば、その米金利は指標データによりトレンドが左右されよう。ドル円に関しては、上述した好循環が米ドル安圧力の相殺要因となることで、110円を一気に割り込む可能性は低下している。ただ、①のリスク要因と②のユーロ高が上値を圧迫する状況も継続しよう。引き続き110.00-112.80をコアレンジと想定したい。


【チャート①:株式パフォーマンス】

chart1_20170525


【チャート②:米株と米ドル相場】

chart_20170525

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。