根強いリスク選好トレンド

Market Overview

23日の海外外為市場は、米ドル買い優勢の展開となった。この日の米債市場では、社債発行や原油高を背景に各ゾーンの金利が上昇した。2年債利回りは16日以来となる1.311%まで、10年債利回りは17日以来となる2.29%までそれぞれ上昇する局面が見られた。米金利の上昇は米ドル買い圧力を強め、ドル円は111.80台まで反発する展開に。一方、対ユーロでも米ドル買い優勢となり、ユーロドルは欧州タイム序盤に付けた高値1.1268から1.1175まで下落した。

この日の海外株式は総じて堅調推移となった。米国株式では金利上昇と原油高が好感され、ダウ平均が4日続伸の展開に。一方、国際商品市況ではNY原油先物7月限が約1か月ぶりに51.15ドルまで上昇した。原油価格との相関性が高いロシアルーブルは米ドル以上に買い圧力が強まり、16日以来となる56.21までルーブル高が進行した。NY金先物6 月限は米ドル高が嫌気され、前日比5.9ドル安の1255.5ドルで終えた。

bg_chart_1369837

Analyst's view

トランプ政権が予算教書を議会に提出したが、これまで報道されてきた政策を踏襲するにとどまり具体性と新味に欠ける内容だった。乏しい内容の予算教書は、トランプ政策に対する期待を後退させる要因であることから、米株と金利には低下圧力が強まる展開もあり得た。しかし、悲しいほど市場の反応が全くなかった事実は、トランプ政策が市場のメインテーマから外れていることを示唆している。現在のメインテーマは米国の政治動向にあるが、現状、これが米国内における限定的リスクとして認識されているため、米ドル安がむしろリスク選好を促していると、23日のレポート「ロシアゲートはリスク選好要因」で指摘した。よって、再び米ドル高へ反転した際、現在のリスク選好トレンドが維持できるかどうか、特に国際商品市況が反発基調を維持できるかどうか、この点に筆者は注目している。

23日の海外外為市場は上記のとおり、米金利の反発に伴い米ドルを買い戻す動きとなった。CRB指数こそ小反落したものの、米ドル高の局面でも原油先物価格や銅先物価格が堅調推移となった事実を考えるならば、リスクセンチメントの改善傾向には根強さがうかがえる。国際商品市況が反発基調を保つならば、主要株価指数のサポート要因となろう。「商品高 / 株高」は米金利の反発要因ともなろう。ドル円特有のリスク(=米通商政策リスク)はくすぶり続けるものの、世界的なリスク選好を背景にボラティリティ(1か月)が再び低下へ転じていることを考えるならば、110円を再び下方ブレイクする可能性は後退している(チャート参照)。
また、本日以降の米指標データが総じて市場予想を上回る内容となれば、米金利への反発圧力がさらに強まろう。その場合、ドル円は直近安値110.23からの61.80%戻しにあたる112.80レベルまで反発する可能性が高まろう。一方、ユーロドルも行き過ぎた上昇を調整する動きとなろう。この場合、直近高値1.1268からの38.20%戻しにあたる1.11前後を維持できるかが注目される。


【チャート:ドル円とボラティリティ】

CHART1_20170524

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。