米金利と原油先物相場

Market Overview

16日の海外外為市場は、米ドル売り優勢の展開となった。この日発表された4月の米住宅関連指標は、総じて市場予想を下回る内容となった。12日以降、冴えない指標データが続いていることで米国債券市場では金利に低下圧力が強まり、外為市場での米ドル売り圧力を強めた。ドル円は一時113円台を割り込み、112.93レベルまで下落する局面が見られた。一方、ユーロドルは節目の1.10を突破し、1.1097レベルまで急伸した。米ドルは資源&新興国通貨でも軟調地合いが続いた。特に米ドル / ブラジルレアルは6日続落(ブラジルレアルが6日続伸)し、一時は3.0871レベルと、先月18日以来の安値水準を付ける局面が見られた。
海外株式市場では英FTSE100が9日続伸し過去最高値を更新。一方、米国株式市場ではダウ平均とS&P500指数が下げるも、ナスダック総合が最高値を更新する展開となった。国際商品市況ではNY原油先物7月限が小反落。直近の上昇への警戒感や米週間石油在庫統計を見極めたいとの思惑が上値を抑制した。NY金先物6 月限は米ドル安が好感され続伸した。

bg_usdjpy_404197

Analyst's view

16日の4月米住宅関連指標は総じて市場予想を下回る内容となった。トランプ政策への期待が後退している状況下で米金利が上昇基調を維持するためには、指標データが重要な鍵を握る。具体的な数値で米経済の持続的な成長が確認できれば、FEDが推し進める金融引き締め政策が滞りなく実施されるという市場の期待が高まるからだ。しかし12日の小売売上高以降、冴えない指標データが続いていることで米金利には低下圧力が再び強まっている。6月の米利上げはメインシナリオとして市場で意識され続けるだろう。ただ、この点については徐々に市場も織り込んできており、米金利上昇の材料としての鮮度も次第に失われていくだろう。よって、今後は米指標データが米金利のトレンドを見極める上でより重要なファクターとなる。内容次第で「米金利反発=米ドル買戻し」「米金利低下=米ドル高調整」の展開が想定される。

米指標データ以外で米金利の変動要因となり得るのが、国際商品市況だろう。本日は原油先物相場の動向を注視したい。産油国間での減産延長(9か月間)に対する期待が高まる中、本日発表の米週間石油在庫統計が供給過剰懸念を後退させる内容となれば、株式と金利の反発要因となろう。この場合、外為市場では米ドルを買い戻す動きとなろう。一方、予想外の在庫増加が確認される場合は、供給過剰懸念を再び強めるだろう。この場合、原油先物相場の下落がエネルギーセクターの下落圧力を強めることで、米株では利益確定売り圧力が強まる可能性がある(詳細は11日のレポート「不安材料は国際商品市況」を参照)。原油先物相場と株式の下落は米金利への低下圧力を強めよう。米金利の低下は16日のレポート「米指標データと利回りスプレッド」で指摘した利回りスプレッドの縮小要因となることから、米ドル高の調整がさらに進行しよう。後者の展開となった場合、ドル円はビッドが観測されている112.50および112.00トライを警戒したい。一方、ユーロドルは2016年11月4日高値1.1142レベルを視野に上昇幅が拡大する展開が想定される。


【チャート①:ドル円チャート】

usdjpy_20170517


【チャート②:ユーロドルチャート】

eurusd_20170517

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 技術的な過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • 外国為替市場

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • 取引方法

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。