株高の恩恵を享受できない円相場

Market Overview

7日の海外外為市場は、米ドルを買い戻す動きが強まった。フランスの政治リスクを背景としたユーロ売りが米ドル買い圧力を強め、ユーロドルは短期サポートラインや21日MAを下方ブレイクする展開に。一時、1月30日以来となる1.0656レベルまでユーロ売り/米ドル買いが進行した。対円でもドル高優勢の展開となり、ドル円はあっさりと112円台を回復。ただ、この日の米長期金利が低下したこともあり5日MAで上値がレジストされた。

海外株式動向だが、欧州株式はフランスの政治リスクが意識されるも小幅に反発。米国株式は企業業績の改善やトランプ米政権の経済対策への根強い期待が相場をサポートした。ナスダック総合株価指数は前日比10.665ポイント高の5674.217(速報値)と、過去最高値を更新した。NY原油3月限は続落。この日の外為市場で米ドル高優勢となったことや米シェールガスオイル増産観測が意識されたことが圧迫要因となった。

bg_chart_1369837

Analyst's view

6日に重要サポートポイント112.00を割り込んだドル円だったが、昨日は陽線示現で112円台の回復に成功。ただ、5日MAで上値がレジストされた点を考えるならば、戻りの力は弱い。5日MAの突破に成功しても、1月30日以降相場をレジストし続けている10日MAや、短期レジスタンスラインと並行している21日MAを上方ブレイクしない限り、短期的な下落トレンドの継続を想定している(チャート①参照)。

米国株式は最高値圏を維持し、欧州株や新興国株式も堅調に推移中。直近のCRB指数や原油先物相場の上値の重さは気になるものの、投資家のリスク許容度を急速に縮小させる展開とはなっていない。それでも目先、ドル円のダウンサイドリスクを警戒すべき理由は、トランプ政権の通商政策(=米ドル安政策)が本格始動していることにある。そして今後は、欧州の政治リスクにも注意する必要があろう。これから3月にかけてはリスボン条約第50条に基づく英国のEU離脱交渉が本格化する。そしてオランダでは総選挙を迎える。英国のEU離脱交渉が始まればスコットランドの動向も欧州政治リスクのひとつとして意識される可能性があろう。現時点では、フランスのそれが世界的なリスク回避圧力を強めているわけではない。しかし、政敵の失策で極右政党のフランス国民戦線が今後躍進する可能性は否定できず、また上述のリスク要因も加われば欧州株式の下落が震源となり、ひとまずグローバル株式が調整地合いへ転じる展開が想定される。欧州株に先んじてすでに外為市場では、欧州の政治リスク(フランスリスク)を背景にユーロドルは100日MAで上値がレジストされ短期サポートラインを下方ブレイクしている。一方、米ドル安の恩恵を受けたポンドドルは1.2800レベルがサポートからレジスタンスへ転換していることが明確化してきた。トランプ米政権が米ドル安志向を鮮明とする中、欧州政治リスクを背景としたユーロ安までが重なれば、最も選好されやすいのは日本円ということになろう。その点を示唆しているのが、チャート②。今年に入り、ユーロドル、ユーロポンドそしてポンドドルのパフォーマンスと比較するとユーロ円とポンド円のパフォーマンス低下が目立つ。ドル円の下落幅が鮮明となっている点も考えるならば、現在の円相場は、これまでのように世界的な株高の恩恵を享受できる相場環境ではないことをチャート②は示唆している。


【チャート①:ドル円チャート】

chart1_0208


【チャート②:通貨比較チャート】

chart2_0208

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 「売り」取引とは

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • 商品の基礎知識

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 注文について

    ここでは、IG証券の取引プラットフォームを紹介し、多様な資産クラスを提供するCFDを有効に取引するための方法について説明いたします。また、ストップ注文やリミット注文などの機能、レバレッジ取引の仕組みについても解説いたします。