ドル高調整地合いの継続はギリシャ情勢次第

アナリストの視点 -ドル高調整VSギリシャリスク

ギリシャ

17日海外時間のドル相場は売り買いが交錯する展開となった。この日発表された米消費者物価指数(3月、CPI)の結果を受けNYタイム序盤は「米金利上昇・ドルロング(ショートカバー)」の展開に。しかし、ギリシャリスクや中国当局による空売りの規制強化等が嫌気され欧米株式が総崩れとなったことで、「米金利低下・ドルショート」へと転じた。EUR/USDは1.08レベルを維持し、USD/JPYは119円割れのまま、週明けのオープンを迎えている。

今週の外為市場では、ギリシャリスクがドル高調整圧力の後退要因となるかどうか、この点が焦点となろう。17日の米CPIは2か月連続で上昇し、コア指数は前年同期比で1.8%上昇と昨年10月以来で最大の伸びを示した。だが、米早期利上げ期待を強める程のインパクトはなく、上述の通りドル高調整地合いは継続。

しかし、先週と同じく今週も冴えない米指標データを背景にドル高調整一辺倒になるかどうかは、ギリシャ情勢次第だろう。支援国側を納得させるだけの構造改革案(公営企業の整理・公務員削減・年金減額等)が未だ提示できないギリシャに対するマーケットの不信感は日に日に増している。実際、ギリシャ市場では14日前後から「株安/金利上昇」が明確化。15日にはスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がギリシャ国債の格付けを「トリプルCプラス」に1段階引き下げた。また、局地的なリスク回避要因としてグローバル株式市場で意識されてきたギリシャリスクだったが、先週後半より米国や新興国の株式市場にまで波及し始めている。外為市場でのユーロ売りはドル高調整圧力に支えられ今のところ限定的。しかし、24日のユーロ圏財務相会合までにギリシャ支援の合意で何ら進展が見られないとの観測が強まれば、ユーロ売り圧力がドル高調整圧力の相殺要因となろう。また、欧州株式を震源地としたグローバル株式市場の不安定化が、資源国通貨と新興国通貨に対するリスク回避のドル高圧力を強める展開も想定される。

一方、円相場では再び円高圧力が強まろう。そのような展開となった場合、けん引役として注目すべきはユーロ円だが、リスク回避圧力を受け原油価格が急落する可能性もあり、対資源国通貨での円高リスクにも警戒したい。USD/JPYは株安と米金利低下を受け118円割れリスクを警戒したい。

本日の焦点 -焦点は中国株&米株の動向

週明けの円相場は、世界的に株安圧力が強まっていることから円高リスクに警戒したい。リスク回避圧力後退の要因として注視すべきは中国株式の動向だろう。中国人民銀行は19日、国内金融機関の貸し出しを促進させ景気を下支えする目的で預金準備率(市中銀行から強制的に預かる資金の比率)を20日から1%下げ、18.5%にすると発表した。これを中国株が好感すれば、日本株サポートの要因となる可能性がある。日本株が堅調に推移すれば円高圧力は限定的となろう。

海外時間ではギリシャ支援に関する報道に注意したい。ギリシャは、4月末までに年金や公務員給与の支払原資として約17億ユーロの確保が必要な他、5月12日には9億5000万ユーロの国際通貨基金(IMF)融資が返済期限を迎える。しかし、ユーロ圏財務相会合を目前に控えているこの時点でも、ギリシャは支援国側を納得させるだけの構造改革案を明示できていない。「解決できるとは誰も思わない」(ショイブレ独財務相)という悲観論が強まれば、EUR/USDの下落が震源地となってリスク回避のドル高が伝播する可能性がある。また、ギリシャリスクが局地戦からグローバル市場へ拡散するムードが鮮明化すれば株式市場や原油相場の不安定化を促し、円やスイスフランが全面高となる展開が想定される。

海外時間でのリスク回避圧力の後退要因として注目すべきは米株の動向だろう。20日の四半期決算(モルガンスタンレー、IBM、GM)次第ではリスク回避圧力を後退させる可能性がある。一方、総じて冴えない内容となれば、過去1年間に見られた「四半期調整パターン」が鮮明化しよう。米早期利上げ観測が後退しているタイミングで前者(総じて好調な企業決算)の展開となれば、「株高オンリーのリスク選好」となる可能性がある。この場合、ユーロや株高を背景に原油価格の反発が期待できる資源国通貨は対ドルで堅調に推移しよう。円相場は、堅調なクロス円が軟調なUSD/JPYをサポートする展開が繰り返されよう。一方、後者(四半期調整パターン)の展開となればリスク回避の円高となろう。

 

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 119.93:一目/基準線(緑ライン) 119.63:21日MA(赤ライン)
サポート 118.21:リトレースメント61.80% 118.00:サポートポイント

連日の陰線示現により、短期サポートラインを下方ブレイク。日足の一目/雲の下限もローソク足のヒゲベースで連日下方ブレイクしていること、RSIが売り買い分水嶺の50.00を下回っている点も鑑みるに、今週は118.00割れに警戒したい。
上下のチャートポイントは上記の通り。直近のオーダー状況だが、119円ミドルレベル及び120.00にはオファーが観測されている。ビッドは118.00レベルに観測されている。

EUR/USD

レジスタンス 1.0888:4/8高値 1.0801:21日MA(青ライン)
サポート 1.0766:一目/基準線(赤ライン) 1.0714:10日MA(黄ライン)

21日MAの攻防が焦点。このテクニカルポイントをローソク足の実体ベースで突破すれば、節目の1.10目指しユーロのショートカバーが継続する展開を想定したい。逆にこのMAの突破に失敗した場合は、日足の一目/基準線及び10日MAの維持が目先の焦点となろう。直近のオーダー状況だが1.0850にはオファー、1.0730から1.0700にかけてはビッドが断続的に並んでいる。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。