燻り続ける米早期利上げ観測

Market Overview -不安定な米株、堅調なドル相場

ドル 米株

19日のグローバル株式市場は強弱まちまちの展開となった。主要なアジア&欧州株式は総じて底堅さを維持したものの、米国株式は原油安が嫌気されダウ平均とS&P500が反落。一方、米金利は小幅に上昇、外為市場ではドル高優勢の展開となった。

昨日のマーケット動向で筆者の興味を引いたのは以下2点。
ひとつは、米国マーケットが「株安・米金利上昇・ドル高」となったことだ。前日(18日)に公表された連邦公開市場委員会(FOMC)声明がハト派寄りとマーケットで受け止められ、米国マーケットは「株高・米債高(金利低下)・ドル安」となった。しかし、翌日には早くにこの動きが真逆に転じた事実は、米国マーケットで米早期利上げ懸念の後退は一時的な現象で終わる可能性があることを暗示している。

FOMC後の最大の焦点は米株にあり、と筆者は昨日指摘したが、原油価格が再び下げ幅を拡大しているタイミングで、米早期利上げ観測を背景に米株での不安定化が継続すれば、グローバル株式市場の重石となろう。よって、外為市場ではリスク回避のドル高優勢地合いが継続する可能性を意識したい。特に米国との金融政策のコントラストが鮮明になっているユーロ、再び原油安問題に直面しつつある資源国通貨そしてファンダメンタルズの脆弱な新興国通貨(特に政情不安に直面しているブラジルレアル、政情不安と原油安に直面しているロシアルーブル、政府の利下げ圧力に直面しているトルコリラ、経常赤字の改善が喫緊の課題となっているインドネシアルピア)に対してドル高圧力が強まろう。一方、円相場ではクロス円を中心に円高圧力が強まることで、USD/JPYは121.50レベルでレジストされる状況が継続しよう。

もうひとつ興味を引いたのが、EUR/USD、USD/JPYそしてドルインデックス(DXY)におけるテクニカル動向だ。前者は、昨年12月16日高値1.2570を起点としたレジスタンスラインで見事に上値が抑えられている。一方、後者は1月16日安値115.85レベルを起点としたサポートラインをかろうじて維持し、昨日は大陽線が示現。さらに、DXYが21日移動平均線でサポートされている事実も、米早期利上げ観測の根強さを示唆している。

Today’s Outlook -米株&金利動向を注視

本日の円相場も株式にらみの状況が継続しよう。軟調な米株に追随し、日経平均でも利益確定売り優勢の展開となれば、東京時間の円相場はクロス円を中心に円高優勢の展開となろう。

ただ、大きく動くならばやはりNYタイム以降だろう。米株の動向次第で円相場の方向性も左右されよう。米株続落ならば、クロス円を中心に円高優勢の展開を想定したい。逆に反発するならば、米金利もそれに追随することでUSD/JPYが円安のけん引役になる展開を想定したい。
一方、ドル相場は米金利の動向次第となろう。米株安となっても早期利上げ観測を背景に米金利が堅調に推移すれば、上記の通りユーロ、資源国通貨そして新興国通貨でドル高優勢の展開となろう。逆に株安やFEDスピーカー(ロックハート米アトランタ連銀総裁、エバンス米シカゴ連銀総裁)の発言により米金利が低下した場合は、ドルロングを調整する動きが散見されよう。

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 121.50:レジスタンスポイント 121.03:3月19日高値
サポート 120.00:サポートポイント 119.60:サポートライン

サポートラインを維持しての大陽線示現。一目/転換線(青ライン)をあっさり上方ブレイクした事実も鑑みるに、USD/JPYが緩やかなドル高/円安トレンドを維持したことが確認された。目先の上値焦点は、121.50での攻防だろう。ただ、このレベルを突破するには「米利上げ期待+株高維持」が必須条件となる。後者の点で不透明感が続いている状況を考えるならば、121.50レベルはドル売りポイントと捉えたい。

一方、下値は目先、NY終値ベースでの120円台維持が焦点となろう。119円台の攻防へシフトしても、リトレースメント38.20%戻し及びサポートラインを維持すればドル高/円安トレンドは来週以降も継続しよう。

尚、直近のオーダー状況だが、121.70レベルにはオファー、119.50レベルにはビッドがそれぞれ観測されている。また、121.00及び120.00にはNYオプションカットが観測されている。

3/20 USD/JPY 日足チャート

EUR/USD

レジスタンス 1.1020:レジスタンスライン 1.0971:21日MA(青ライン)
サポート 1.0500:サポートポイント 1.0462:3月13日安値

レジスタンスラインで上値が抑えられ、敢え無く反落。USD/JPY同様、一目/転換線をもあっさり破った事実を鑑みるに、EUR/USDは引き続きダウンサイドリスクに警戒すべきだろう。目先の焦点は、ビッドとNYオプションカットが観測されている1.0500の維持だろう。1.04台へ反落した場合は、13日安値1.0462レベルでの攻防に注目したい。

3/20 EUR/USD 1時間足チャート

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 市場を動かす要因

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 注文について

    ここでは、IG証券の取引プラットフォームを紹介し、多様な資産クラスを提供するCFDを有効に取引するための方法について説明いたします。また、ストップ注文やリミット注文などの機能、レバレッジ取引の仕組みについても解説いたします。

  • マーケット注文(ロット優先)

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。