マーケットは最後のピース待ち

Market Overview-最後のピース待ち

bg_ecb_1273555

欧州中央銀行(ECB)は4日、金融機関への資金供給の担保としてギリシャ国債を受け入れる特例措置を解除すると発表し、ギリシャリスクが再び懸念が台頭。また、2月に入り反発基調が続いていた原油価格がこの日、米石油在庫の増加を受け5営業日ぶりに反落したことも合わさり、グローバル株式市場ではリスク選好ムードが後退。欧米及び主要な新興国株式市場は強弱まちまちの展開となった。
根強いギリシャリスクを背景に外為市場では再びユーロ売りの展開に。ユーロ円は133円割れ、ユーロドルは再び1.13を視野にユーロ安が進行した。また、原油価格の反落を背景に資源国通貨も前日とは打って変わって軟調な地合いとなり、USD/CADは1.25台を上抜け1.2600手前まで上昇。AUD/USDは0.7800レベルから0.7750レベルまで下落する展開となった。豪ドル円も91円割れの展開となる等、クロス円を中心に円高圧力が強まったことで、ドル円は117.07レベルまで下落。その後の戻りも限定的で、117.20前後で推移したまま本日の東京時間を迎えている。

昨日発表された1月の米ISM非製造業景況指数は56.7と、新規受注と景気指数がけん引役となり半年ぶり低水準だった前月の56.5から上昇した。マーケットでは目立った反応はなかったものの、直近の冴えない指標データに追随する結果となれば、米ファンダメンタルズ改善期待が後退し、昨日のグローバル市場はリスク回避ムードが強まっていた可能性が高い。ただ、製造業/非製造業ともに構成項目の雇用指数が悪化(製造業:56.0→54.1、非製造業:55.7→51.6)していることを考えるならば、リスク選好回帰の最後のピースとしての米ファンダメンタルズ改善期待を再び台頭させるためには、少なくとも明日の1月雇用統計を待つ必要があろう。

だが、リスク選好回帰の材料がそろいつつあることは昨日のレポートでも指摘した通り。昨日の外為市場では、ギリシャの資金繰り懸念を背景にギリシャ債&ユーロ売りが再燃したが、ギリシャ金融株がけん引役(ピレウス銀行20.8%、ユーロバンク10.7%高)となり、アテネ総合指数は前日比0.9%高と底堅い展開に。独連邦債でもヒステリックな反応は見られず。金融支援を巡り今後も紆余曲折はあるだろうが、昨日の欧州マーケットの動向を鑑みるに、投資家はギリシャリスクの後退を予期していることがうかがえる。また、不安定な値動きが続く原油価格でも徐々に底打ち感が強まっており、最後のピースが当てはまれば、2月上旬のリスク選好回帰が現実味を帯びてこよう。


Today’s Outlook -米雇用統計を前にレンジ相場を想定

本日注目すべき指標データは、12月の豪州小売売上高と米新規失業保険申請件数。また、イングランド銀行(BOE)が政策金利と資産買取りプログラム規模を発表するが、市場予想は両者とも据え置き。これらイベントが予想の範囲内であるならば、明日の米雇用統計が意識され、外為市場はレンジ相場で推移する可能性が高いだろう。
注視すべきは、ここ数日のマーケットトレンドを左右しているギリシャ情勢と原油価格だろう。また、アジア時間は中国の預金準備率引き下げに対する同国株式の反応にも注視する必要があろう。円相場は株式にらみの展開となるだろうが、不安定化している円債市場が国内株式の下落を誘発する可能性がある点には要注意。この場合ドル円は117円割れ、クロス円ではユーロ円や豪ドル円での下落幅が拡大する可能性が高いだろう。



Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 118.50:レジスタンスポイント 117.99:21日MA(5日現在)
サポート 116.87:2月3日安値 115.85:1月16日安値

21日MAでレジストされる状況は変わらず。トライアングルの下限を下方ブレイクしている点も鑑みるに、引き続きダウンサイドリスクを警戒したい。サポートポイントは上述の通り。117.00、116.85そして1116.50にはそれぞれビッドが観測されている。118.00から118.50レベルにかけては断続的にオファーが観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.1524:21日MA(3日現在) 1.1500:レジスタンスポイント
サポート 1.1250:サポートポイント 1.1100:サポートポイント

1.15(21日MA)トライに失敗し、10日MAを下方ブレイク。目先の焦点は1.1250レベルの維持となろう。このサポートポイントをも破る展開となれば、再び1.11トライに向け下落幅が拡大しよう。尚、直近のオーダー状況を確認すると、1.1500&1.1550レベルにはオファーが観測されている。1.1300から1.1200にかけては断続的にビッドが並んでいる。1.1250下にはストップが置かれている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 技術的な過ち

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • IG証券の金CFD取引

    商品は、ほぼすべての製品の裏側の不可欠要素として、近代経済になくてはならないものです。不安定ながらも価値の高い天然資源が、幅広い取引の世界でどのような位置を占めるのか学んでいきます。

  • 取引プランを使う理由

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。