ドルロング調整ウィーク

Market Overview-ドルロング調整ウィーク

bg_chart_468939

25日の海外外為市場は、ドルロング調整相場となった。直近の円安スピードに対する警戒感(21日に麻生財務相がけん制)からドル円は118.50レベルをレジスタンスに117.70レベルまで下落。ただ、リトレースメント23.60%戻し(117.47レベル)や10日MAを維持する等、調整の範囲内にとどまっている点を考えるなら、基調としてのドル高/円安トレンドに変化は見られない。一方、対ユーロでもドルロングを調整する動きが継続した。先週はドラギ発言によりユーロ売り優勢の展開となるも、欧州中央銀行(ECB)内では緩和強化に関してのコンセンサスが必ずしも統一されていないとの観測もあり、ひとまずユーロショート(ドルロング)を調整する動きが強まった。ただ、10日MAで上値が抑えられ1.2500トライに失敗した事実を鑑みるに、こちらも基調としてのユーロ安/ドル高トレンドに特段の変化は見られない。

しかし今週は、ドルロング調整ウィークとなる可能性が高いだろう。昨日発表された7-9月期の米実質国内総生産(GDP)の改定値は予想外の上方修正(+3.5%→+3.9%)となったものの、11月の消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)は前回及び市場予想を下回る結果に。また、金利面での妙味から米5年債入札結果が予想以上に好調だったことも合わさり、米金利には根強い低下圧力がかかり続けている。連日過去最高値を更新し続けてきた米株式も感謝祭を前に利益確定売り優勢の展開となりやすい状況も鑑みるに、今週は積み上がったドルロングを調整するには良いタイミングと多くの市場参加者は考える可能性が高いだろう。

Today’s Outlook -焦点は米英経済指標

ドルロングが調整地合いとなる中でも、ドル円は上述の通り底堅い展開となっている。直接的には堅調なグローバル株式市場が根強い円安トレンドの要因となっているだろうが、直近の状況はこの点(株高トレンド)に加え、最近の急激な円安スピードに多くの投資家が追随出来ずにドルロング/円ショート構築に乗り遅れていることを示唆している。そうであるならば、高値警戒感がくすぶり続ける中でも、土台の株高が崩れない限り、節目やテクニカルポイントでは押し目買いが入ることでドル円が大きく崩れる可能性は低いだろう。

また、米国のファンダメンタルズが改善基調を維持すれば、調整ウィーク終了後の米金利の緩やかな上昇とドルロング再構築をサポートしよう。その試金石として、本日も米経済指標の内容に注視したい。特に米連邦準備理事会(FRB)が注視する個人消費支出(10月、PCEコア・デフレーター)や住宅市場の先行指標である新築住宅販売件数(10月)の伸びが確認されれば、本日はドルを買い戻す動きが強まる可能性もあろう。逆に総じて冴えない内容が続けば、ドルロングを調整する動きが加速しよう。この場合、ドル円は下図チャートの短期サポートラインを維持できるかが焦点となろう。ユーロドルは1.2500を挟むかたちで展開している10日&21日MAを上方ブレイクし、目先のレジスタンスポイント1.2575レベルをトライするかが注目される。

また、日本時間18時30分に発表される英国の国内総生産(7-9月期GDP、改定値)の内容にも注目したい。

Technical analysis highlights

レジスタンス 118.98:11月20日高値 118.50:レジスタンスポイント
サポート 117.47:リトレースメント23.60%戻し 117.00:短期サポートライン

レンジ相場を想定。株式が大きく崩れない限りは、短期サポートライン(117円台)を維持する可能性が高いだろう。レジスタンスは、引き続き118.50レベルと想定したい。

朝方のオーダー状況だが、118.60-80レベルにはオファーが観測されている。ビッドは117.50、117.00にそれぞれ観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.2575:レジスンタスポイント 1.2500:レジスタンスポイント
サポート 1.2400:サポートポイント 1.2358:11月7日高値

1.25台への再上昇を果たせば、ドルロング調整地合いがさらに強まっていると想定し1.2575レベルまでユーロショートカバーが進行する展開を意識したい。下値は1.2400レベルを再び下方ブレイクするかが焦点となろう。

朝方のオーダー状況だが、1.2500前後及び1.2520にはオファーが観測されている。ビッドは1.2350以下より断続的に並んでいる。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引方法

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • 取引プランを使う理由

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • ストップ

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。