ユーロベア予測に変更なし

Market Overview-外為市場は調整地合い

bg_euro currency new 03

昨日の海外時間の外為市場は方向感の見えない中、直近のドル高を調整する動きが散見された。また、欧州中央銀行(ECB)内で運営方針をめぐる対立があるとの観測記事(ロイター)により欧州中央銀行(ECB)による追加緩和期待が後退したことで、ユーロを買い戻す動きが強まった。ユーロドルは1.2577レベルまで反発。対円&ポンドでもユーロ高優勢の展開となった。

しかし、今回のユーロ反発がドル高調整にサポートされた点を考えるなら、ユーロベアの見通しに変化はない。理由はやはりファンダメンタルズの低迷にある。

欧州委員会は4日、秋季経済見通しを公表した。この中で2015年の成長率を春季(5月)予測時の+1.7%から+1.1%へ下方修正した。国際通貨基金(IMF)が先月公表した世界経済見通しの報告書でも、来年のユーロ圏経済を0.2%下方修正(+1.5%→+1.3%)しているが、これら判断の背景にあるのはドイツ経済の急減速、南欧諸国(フランス、イタリア)の景気低迷だろう。また、景気低迷に伴うディスインフレ傾向も意識されているだろう。実際、後者に関しては上記の秋季経済見通しの中で、2015年の物価上昇率見通しを前年比0.8%と前回の1.2%から引き下げ、2年連続で1%割れとなる予測を示した。2016年見通しも1.5%と目標値の2.0%水準以下で推移する予想を示してきた。域内経済のけん引役であるドイツ経済が、今後外部要因(ロシア・ウクライナ情勢、中国の景気後退)によってさらに進行すれば、ディスインフレ傾向は欧州委員会の予測通り慢性化しよう。それ故、欧州中央銀行(ECB)に対して更なる行動(緩和強化)を求めるマーケットからの圧力が今後増大しよう。
2010年6月安値1.1876と2012年安値1.2042を結んだサポートライン(下図チャート)を下方ブレイクすれば、次の節目水準1.2000に向け下落スピードが加速する展開を想定する。

Today’s Outlook -イベント前にドル高再燃となるか

焦点は引き続き米国の経済指標となろう。日本時間22時15分にADP雇用統計 (10月)、24時にISM非製造業景況指数(同月)が発表される。総じて市場予想を上回るならば、イベント前のドル高再燃の可能性が高まろう。18時に発表されるユーロ圏小売売上高(9月)は前月比でマイナスに落ち込む見通しとなっており、米欧指標データでファンダメンタルズ格差が鮮明となれば、ユーロドルは直近安値1.2439レベルを視野にユーロ安/ドル高の展開を想定したい。

尚、アジア時間は11時30分に予定されている黒田東彦日銀総裁の講演が注目される。サプライズ緩和後だけに目新しい内容は乏しいと考えられるが、今後も状況次第で緩和強化に乗り出す姿勢を打ち出せば、海外勢を中心に円売りが加速しよう。

Technical analysis highlights

ドル円

レジスタンス 114.22:11月3日高値 113.78:11月4日高値
サポート 112.96:76.40%戻し 112.50:サポートポイント

113.00-114.00を中心レンジと想定。ただ、対円でのドル高調整が限定的である点を考えるなら、114円トライを常に想定しておくべきだろう。一方、下値の焦点は目先113円台の維持が焦点となろう。株式市場で再び調整地合いとなれば113円以下での攻防が予想されるが、直近の好調な米経済指標と日銀の追加緩和を考えるなら、112.50レベルで反発する可能性があろう。
尚、朝方のオーダー状況だが113.80レベルにはオファー、113.00&112.80レベルにはビッドがそれぞれ観測されている。

ユーロドル

レジスタンス 1.2612:10日MA(緑ライン) 1.2577:11月4日高値
サポート 1.2439:11月3日安値 1.2400:サポートポイント

ショートカバーが継続する場合、1.26台への再上昇が焦点となろう。テクニカル面では10日MAでの攻防に注視したい。一方、米欧経済指標によりユーロ安/ドル高圧力が強まった場合は、11月4日安値1.2439レベルを視野に入れる展開を想定したい。
尚、朝方のオーダー状況だが1.2600にはオファー、1.2400には厚いビッドとオプションバリアの観測がある。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。