米国の政治リスクに対する株式と米ドルの反応

Market Summary
昨日の海外外為市場は、米ドル売り優勢の展開となった。注目された2月米CPIは市場予想通りとなり、米ドルの反応は限定的だった。CPI発表後、ティラーソン米国務長官解任の報が流れると米ドル売り圧力が強まる展開に。ユーロドルは今月8日以来となる1.24台の水準へ上昇する局面が見られた(高値:1.2407)。一方、ドル円はティラーソン解任の報まではリスク選好相場を背景に107.29まで上昇する局面が見られた。だが、NYタイムで上記の報が流れると米ドル売り一辺倒となり、106.50を下方ブレイクする局面が見られた。米国株式は主要3指数が下落した。ティラーソン解任の報や金利低下を嫌気した金融株の売りが相場を圧迫。主力のハイテク株が利益確定売り優勢となったことも相場の下落要因となった。NY原油先物4月限は米国の生産量増加が産油国による協調減産の影響を相殺するとの懸念が引き続き意識され、前日比0.65ドル安の1バレル=60.71と続落。一方、NY金先物4月限は対ユーロでの米ドル安や米政治リスクが意識され、前日比6.5ドル高の1トロイオンス=1327.1と反発して終了した。

bg_chart_trading_7785

Market Analysis
2月米CPI(前年同月比)は2.2%増となり市場予想と一致。コア指数も1.8%増とインフレが抑制された状況が確認された。2月雇用統計と今回のCPIの結果は、投資家のリスクセンチメント改善という観点で考えるならば、理想的な内容になったと言える。米長期金利の急上昇リスクがこれら上記2つの指標データによりひとまず回避されたからだ。米国の政治が停滞している状況はリスク要因である。だが、ボラティリティを確認する限り、ティラーソン米国務長官の解任を受けても2月上旬のリスク回避時のレベルと比較すれば、未だ低水準で推移している(チャート①)。穏健派のティラーソン氏が政権を去ることで米外交リスクは高まるだろう(特に北朝鮮問題には要注意)。しかし、今回の解任劇で株式市場が混乱する可能性は、上述したボラティリティの状況と堅調なファンダメンタルズを考えるならば低い。

一方、外為市場では、米政治リスクが米ドル相場の下落圧力要因として意識され続けるだろう。事実、ユーロドルは日足基準線を突破し、2月高値1.2555を起点とした短期レジスタンスラインを視野に入れる展開となっている(チャート②)。短期リスクリバーサルがユーロ相場の堅調地合いを想定した動きになっている点も考えるならば、現在の外為市場は、FEDの利上げ以上に米国の政治リスクを意識していることがうかがえる。レジスタンスラインの突破は、1.25台再上昇のシグナルと想定したい。1.2450、1.2500および1.2550にはそれぞれオファーが観測されている。一方、米国の政治リスクはドル円の上値を抑制し続けよう。昨日は陽線引けとなったが、長い上ヒゲが示現した。リスク選好相場時の上ヒゲ示現は、米ドル安圧力が根強いことを示唆している。テクニカル面でもリトレースメント38.20%で上値がレジストされており、ドル円の地合いの弱さがうかがえる。だが、リスクリバーサルが再び拡大する傾向は見られない。上下に振れながらも株式市場が次第に株高回帰のムードを高めている点も考えるならば、「米ドル安 VS 円高圧力の後退」を背景に105.00-108.00の攻防が継続しよう。上下のポイントはチャート③を参照。また、107.50および107.80にはオファーが観測されている。一方、プロジェクション38.20%戻しが位置する106.00にはビッドの観測あり。

【チャート①:米長期金利 / 米株ボラティリティ】

米10年債利回り VIX

【チャート②:ユーロドル】

ユーロドル EURUSD

【チャート③:ドル円】

USDJPY ドル円

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 一般的なチャート

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。

  • リスクの種類

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。

  • マーケット注文(ロット優先)

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。