米ドル安がもたらす長期金利の上昇リスクを警戒

Market Summary
昨日の海外外為市場は、リスク選好相場を背景に円売り圧力が強まった。この日の米国株式は利益確定売りに圧される局面が散見されるも、主要3指数はそろって上昇した。米ドル安を背景にNY原油先物4月限が前日比0.03ドル高の1バレル=62.60と続伸したこともリスク選好相場をサポートした。外為市場ではクロス円を中心に欧州タイムから円安優勢の展開となった。ドル円はクロス円にサポートされ106.25レベルまで反発。だが世界的な米ドル安圧力に圧され、NYタイムは106円前半でこう着状態となった。一方、ユーロドルは1.24を挟んで底堅い展開となった。NY金先物4月限は米ドル安が好感され、前日比15.3ドル高の1トロイオンス=1335.2ドルで終了した。尚、本日早朝にトランプ政権において経済政策のキーマンであるコーン米国家経済会議(NEC)委員長が辞任する意向との報道を受け、米ドル安圧力が強まっている。日本時間8時過ぎ時点でドル円は105.45まで下落する局面が見られた。

bg_gbpusd_618353

Market Analysis
トランプ米大統領は6日、EUに対し貿易面で厳しい姿勢で臨むことを表明してきた。現状、トランプサイドが通商政策を推進する意識を示している以上、この問題は外為市場で米ドル安リスクとして意識されるだろう。事実、6日の米国市場も「株高/米金利上昇」となったが、ドルインデックスは91.00でレジストされて以降、再び米ドル安へ転じている(チャート①)。

米ドル安の動向を見極める上で注視すべきはユーロドルの動向だが、昨日は1.24台の水準へ到達した。唯一のユーロ売り要因だったドイツの政治リスクは連立政権樹立の合意で後退。イタリアの政治混迷については、選挙前からハングパーラメント状態になることは想定されていたので材料視されていない。明日のECB理事会で再びユーロ高の調整圧力が強まる可能性はあるが、1か月以上のリスクリバーサルは堅調な域内のファンダメンタルズとドイツの政治リスク後退を好感し、ユーロ高を示唆している。テクニカル面でもリトレースメント38.20%でサポートされて以降続伸きちょうを維持し、昨日は21日MAが相場を下支えした(チャート②)。さらに上述した米通商政策リスク(=米ドル安リスク)も考えるならば、ユーロドルは1.25台を再び目指す可能性が高まっている。対ユーロで米ドル安が続く間は、国際商品市況のサポート要因となる。よって、資源国通貨および資源と関係の深い新興国通貨も対ドルで堅調推移となろう。だが、6日のレポート「焦点は米通商政策と米長期金利の動向」でも指摘したとおり、持続的な米ドル安は長期金利の上昇要因となる。原油高の状況も考えるならば、米長期金利の急上昇リスクを常に意識すべきフェーズにあり、実際に節目の3.0%を視野に入れる展開となれば、米株をはじめとした世界の株式市場は再び下落しよう。ドル円は米ドル安を背景としたリスク選好相場が続いている間は、105.00-108.00のレンジ相場を想定したい。だが、日足転換線で上値がレジストされ、短期サポートラインや21日MAすらトライできない状況で「米ドル安→米長期金利急騰→株安」となれば、105.00割れを視野に下落幅が拡大しよう(チャート③)。本日のオーダー状況だが、106.50、106.80および107.00にはオファーが観測されている。一方、105.00にはビッドの観測あり。

【チャート①:米長期金利 / ドルインデックス】

米10年債利回り ドルインデックス

【チャート②:ユーロドル】

ユーロドル

【チャート③:ドル円】

ドル円

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 外国為替の取引方法

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • 市場参加者

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • CFDの基礎知識

    ここでは、CFD(差金決済取引)の取引とその仕組みについて例を挙げながら紹介し、CFD取引のメリットについて説明いたします。
    さらに、料金設定とファンディングコストについても解説いたします。