短期スパン=ドル安警戒 / 中長期スパン=ドル高継続

アナリストの視点-ドル高回帰は4月の米指標データ次第

イエレンFRB議長

29日のNY外為市場序盤は、市場予想を大きく下回った1-3月期米実質国内総生産(GDP)速報値の内容を受けドル売り優勢の展開となった。EUR/USDは3月3日以来となる1.1188レベルまで急上昇する展開に。一方、USD/JPYは118.60レベルまで下落する局面が見られた。
NYタイム後半は、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明で1-3月期における景気減速は一時的との見方が示され、且つ6月利上げの可能性を排除する表現もなかったことからドルを買い戻す動きが散見された。米金利の上昇もドル相場のサポート要因となり、EUR/USDは1.11前半へと反落。一方、USD/JPYは119円前後でこう着したまま本日の東京時間を迎えている。

1-3月期の米GDP速報値は年率換算で0.2%増と、2014年10-12月期の2.2%増から急減速。主因は3つ。①GDPの約7割を占める個人消費支出が前期比年率1.9%増となり、4.4%増と強い伸びを示した昨年10-12月期から急速に鈍化したこと、②ドル高を背景に輸出が7.2%減と4期ぶりのマイナスとなったこと、③民間設備投資が3.4%減となったことだった。一方、29日に公表されたFOMC声明では1-3月期の景気低迷は一時的な特殊要因(=悪天候と湾岸ストライキ)でもたらされた現象と指摘。また、6月利上げの可能性自体を排除する表現も盛り込まれなかったことで、早期の金融正常化を望むイエレンFRB とそれを許さない米指標データ、という構図が鮮明となってきた。

肝心の外為市場はドル安で反応している点を鑑みるに後者を重視。イエレンFRBが「Data Dependency-指標データ次第」スタンスを表明している以上、この反応は至極当然言えよう。
よって、今後ドル高トレンドへ回帰するためには、イエレンFRBが指摘するように1-3月期の低迷が特殊要因によってもたらされた現象であることを4月以降の米指標データが証明する必要がある。それによりGDP低下要因となった①と③のリスクがが払しょくされよう(③は原油相場の動向も影響しており50ドル近辺で底固めとなるか注目)。
ただ、これらリスク要因の払しょくに時間がかかっても、それは、ドル高調整スパンが長引くことで要因②のリスクが後退していくことを意味し、結果的には米国経済の押し上げ要因となろう。よって、4月の指標データが引き続き冴えない内容となりドル高回帰が遅れても、ドル安を背景に中長期スパンでは景気回復が期待できることを鑑みるに「短期スパン=ドル安警戒 / 中長期スパン=ドル高トレンド継続」、という予測に変更はない。

本日の焦点 -ドル安加速を警戒

上記の通り米GDP速報値までが予想外の落ち込みとなった。イエレンFRBの指摘する通り1-3月期の低迷は一時的な要因を背景とした現象であると、4月の指標データが証明するまでは、ドル安加速に対する警戒感を持ち続けたい。よって、本日の焦点は引き続き欧米の指標データとなるだろう。
日本時間18時に発表される4月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値が、直近の良好な欧州&独指標データを反映し市場予想(前年同月比0.0%)以上となれば、ユーロのショートカバーが加速しよう(=ドル安が加速しよう)。また、日本時間21時30分に発表される3月の米個人消費支出(PCEコア・デフレーター)及び新規失業保険申請件数が総じて市場予想以下の内容となれば、ドルストレート全体でドル安トレンドが加速しよう。

円相場はクロス円の動向を注視すべきだろう。ドルストレートでのドル安がクロス円をサポートしているが、このタイミングで株高となれば、さらに上値トライムードが高まることでUSD/JPYの118円台維持をサポートし続けよう。逆に本日の米指標データを受けドルショートカバーの展開となればクロス円は下値トライが想定される。警戒すべきはドル高と株安が合わさった場合だろう。この場合、クロス円での下落幅が拡大することでUSD/JPYは118.00トライの可能性が高まろう。

Technical analysis highlights

USD/JPY

レジスタンス 119.59:一目/基準線(緑ライン) 119.50:21日MA(赤ライン)
サポート 118.50:サポートポイント、ビッド 118.00:サポートポイント、ビッド

日足の一目/雲の下限での神経戦は継続中も、昨日は短期サポートラインを一時的にせよ下方ブレイクした。徐々に上値が切り下がっている事実を鑑みるに、引き続きダウンサイドリスクに警戒したい。
目先の焦点は、ビッドが観測されている118.50レベルの維持だろう。下の水準ではストップが置かれており、これを巻き込む展開となれば118.00トライを想定したい。
一方、上値は一目/基準線と21日MAが推移し、且つオフ―が観測されている119円ミドルレベルをトライするかが注目される。

EUR/USD

レジスタンス 1.1200:レジスタンスポイント 1.1182:89日MA
サポート 1.1000:サポートポイント 1.0960:4/29安値

昨日は日足の一目/雲の上限を一時的にせよ上方ブレイクした。RSIも65.00前後まで上昇している点を鑑みるに、3月3日以来となる1.12台への再上昇が焦点として浮上してきた。だが、それを達成するためには、昨日見事に上値をレジストした89日MAを突破する必要があろう。このMA突破に成功すれば1.12台へ再上昇し、オファーが観測されている1.1250レベルを視野にユーロのショートカバーが加速する展開を想定したい。
一方、下値は目先、1.10台の維持が焦点となろう。1.10以下の攻防へシフトした場合は、一目/基準線とクロスしている雲の下限(4/30時点、1.0855)を維持できるかが注目される。尚、ビッドは1.0980レベルに観測されている。

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

IGアカデミー

無料のオンラインコースや各種ウエビナー、セミナーなど、IGが提供する豊富な学習プログラムを通じてトレードの方法を学び、トレードに関する知識を深めることができます。