ユーロドルの調整とドル円への影響

Market Summary

昨日の海外外為市場は、米ドル買い優勢の展開となった。この日の米株は序盤に大幅反発。この動きに連動し米金利にも上昇圧力が強まったことで、外為市場では米ドル買い圧力が強まりユーロドルは1.23割れ。安値1.2245まで下落する局面が見られた。一方、ドル円は欧州タイムに109円割れの局面が見られるも米国市場のリスク選好を受け、109.70手前まで反発する忙しない展開となった。ただ、終盤に米株が失速すると米ドル買いも一服した。

米株は主要3指数がそろって反落する展開に。序盤は欧州株高に追随するも、米金利の上昇に対する警戒感は根強く終盤に失速。原油安も重石となった。NY原油先物3月は米国の石油生産量の増加が嫌気され、前日比1.60ドル安の1バレル=61.79と4日続落。米ドル高も相場の重石となった。一方、NY金先物4月限も米ドル高が嫌気され、前日比14.9ドル安の1トロイオンス=1,314.6と続落して終了した。

bg_eurusd_713968

Market Analysis

7日の米国債券市場で長期金利は2.861%まで上昇する局面が見られた。株高に連動しての反発だったが、それが再び株安圧力を強めた事実は、短期的に米金利の動向が米国株式のかく乱要因であり続けることを示唆している。だが、米長期金利が反発基調へ転じても、株式ボラティリティは低下傾向にある(チャート①参照)。米国経済のファンダメンタルズが急変している指標データも見当たらない。現時点では、米金利の上昇によるリスク回避トレンドの形成の可能性は低い。

米金利以外で注視すべきは、ユーロドルの動向である。昨日は大陰線の示現により、リトレースメント23.60%および21日MAを下方ブレイクした。10日MAがサポートからレジスタンスラインへ転換した点も考えるならば、テクニカル面では調整相場へシフトするシグナルが点灯したと判断。また、リスクリバーサル(1か月)は拡大し続け、且つファンダメンタルズ面では、米独10年債利回り格差がレンジの上限210bpを突破しつつある(チャート②参照)。米独利回り格差が210bpを越えてくるならば、ユーロ高の調整地合いが加速しよう。対ユーロで米ドルの買戻し圧力が強まれば国際商品市況も軟調地合いへ転じることで、対資源&新興国通貨でも米ドルを買い戻す動きが散見されよう。米ドルの買戻しはドル円のサポート要因となるだろう。だがこの展開の場合、注視すべきは株式の不安定化である。米金利の上昇が株安要因として意識されているタイミングで、ドル高や国際商品市況の下落が重なれば、米株の不安定化を助長しよう。米株の不安定化は世界株式の不安定化につながろう。2017年以降のドル円相場は、株安局面で円高へ振れる状況が続いている。「ユーロドルの調整 (=米金利上昇&米ドル買戻し)vs 株安」の展開では、株安圧力の方が勝ることで108円台を中心とした攻防が想定される。ドル円のテクニカルポイントはチャート③を参照されたし。


【チャート①:株式ボラティリティ / 10年債利回り】

chart1_20180208


【チャート②:ユーロドル / リスクリバーサル1M / 米独10年債利回り格差】

chart2_20180208


【チャート③:ドル円】

chart3_20180208

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 利点と制限

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • CFDの取引方法

    ここでは、IG証券の取引プラットフォームを紹介し、多様な資産クラスを提供するCFDを有効に取引するための方法について説明いたします。また、ストップ注文やリミット注文などの機能、レバレッジ取引の仕組みについても解説いたします。

  • 「売り」取引とは

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。