ドイツの政治リスクと良好な域内ファンダメンタルズに板挟みのユーロ相場

Market Summary

8日の外為市場は、ユーロ売り優勢の展開となった。ドイツの11月製造業新規受注が市場予想を下回ったことに加え、ドイツ政治の不透明感も意識されユーロ高を調整する動きが続いた。ユーロドルは1.1954まで下落。ユーロ円もつれ安し、135.11までユーロ安が進行した。一方、ドル円は113円を挟んで売り買い交錯の状況となった。

米国株式は特段の材料が無い中、ダウ平均は利益確定売りに圧され5営業日ぶりに反落した。一方、ナスダック総合株価指数は5日続伸。前週末比20.83ポイント高い7157.39と、5営業日連続で過去最高値を更新した。NY原油先物2月限は、米国のリグ稼働数の減少やイラン情勢の不安定化を背景に、前週末比0.29ドル高の1バレル=61.73と反発。一方、NY金先物2 月限は対ユーロでの米ドル高を背景に、前週末比1.9ドル安の1トロイオンス=1320.4と反落した。

bg_angela_merkel_1538337

Market Analysis

キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)は、今週7日から新政権の樹立に向けた予備協議を開始している。税や社会保障そして欧州全体で社会問題化している難民問題について溝が深く、大連立政権が樹立されるかどうか先行き不透明感は未だ拭えない状況にある。交渉が順調に進んだとしても、実際に連立政権が樹立される時期が3月以降になると予想されていることから、この問題は今年前半のユーロ高調整要因として常に警戒したい。だが、インフレデータを除けば、ユーロ圏経済は2013年後半以降の成長軌道を維持していることが各種指標データで示されている。また、9月以降、ドラギECBが緩和脱却に舵を切る可能性があることも考えるならば、ドイツの政治リスクはユーロの調整売り圧力を強めても下落トレンドを形成する可能性は現時点で低い。

オプション市場ではドイツ政治の空白長期化を意識してかリスクリバーサル(2M /3M)が拡大中(チャート①参照)。また、欧州株高に独長期金利が追随出来ない(=米独利回り格差の縮小が期待出来ない)状況となっている点も考えるならば、本日のユーロドルは下値トライの継続を警戒したい。下値の攻防分岐は、ビッドが観測されている1.1900となろう。1.1900上には日足基準線と21日MAがクロスしている(チャート②参照)。一方、上値の攻防分岐は1.2000となろう。

ドル円は上値トライを想定したい。米長期金利は2.50%手前で抑制状態が続いているものの、世界的な株高トレンドに変化は見られない。よって、反落しても下落幅は限定的だろう。上値の攻防分岐は、昨年11月高値114.73を起点とした短期レジスタンスラインの突破となろう。113.40から113.90にかけては断続的にオファーが観測されている。一方、下値の焦点は112.75レベルの維持となろう。このレベル付近には、昨日相場をサポートした10日MA、日足雲の上限そして転換線が展開している。また、112.80から112.70にかけてはビッドが観測されている(チャート③参照)。


【チャート①:ユーロのリスクリバーサル(RR)と米独10年債利回り格差】

chart1_20180109


【チャート②:ユーロドル】

chart2_20180109


【チャート③:ドル円】

chart3_20180109

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 外国為替市場

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。

  • 取引方法

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。

  • 「売り」取引の方法

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。