米ドル買い優勢も上昇幅は長期金利次第

Summary

米国の大規模減税案が年内中に可決される可能性が高まってきた。この点は、米国市場(=株式市場/債券市場)のリスク選好要因となろう。また、ユーロ相場の軟調地合いも米ドル相場のサポート要因となろう。だが、12月FOCM後の米長期金利の低空飛行状態に変化は見られない。税制改革期待を背景に再び2.4%台の水準を回復しても、低インフレ懸念が引き続き金利の上昇圧力の阻害要因となろう(チャート①参照)。よって、今週の外為市場は米ドル買い優勢の展開が想定されるも、上昇幅は米長期金利の動向次第で決定されよう。

bg_us stocks earnings season 4

Analyst's view

米与党共和党の指導部は15日、約30年ぶりとなる大型減税法案を最終決定したと発表した。減税規模は10年で1.5兆ドル、開始時期は2018年で決着した。連邦法人税率は現行の35%から21%に引き下げ、個人所得税も現在の最高税率である39.6%を37%に引き下げる。下院は今週19日、上院は20日にそれぞれ可決する方向で調整に入っており、年内成立の可能性が土壇場で再浮上してきた。税制改革が年内成立となれば、米株と米長期金利の押し上げ要因となろう。米ドル相場にとってより重要なのは後者の米長期金利の動向だが、2.4%台の水準を再び回復すれば、外為市場では米ドル買い圧力が強まろう。ドル円は、日米利回り格差の拡大と株高という2つの上昇要因にサポートされる展開が想定される。一方、ユーロドルは先週、ドラギECBが将来の経済成長とインフレ見通しを上方修正したにもかかわらず、1.1860レベル(=リトレースメント61.80%戻し)で上値が見事にレジストされ反落中。米欧金融緩和のコントラストに加え、直近はドイツの政治リスクがユーロ相場の重石となっている。後者のリスクは年明けまで良好な域内ファンダメンタルズをベースとしたユーロ買い圧力の相殺要因となる可能性がある。それを意識してか、オプション市場のリスクリバーサル(1か月~3か月)もユーロ相場の軟調地合いを示唆している。ユーロの上値が圧迫され易い状況にある点も米ドル相場のサポート要因となろう。

ドル円のチャートポイントだが、今週はトライアングルの攻防が焦点となろう。上述した状況を考えるならば、現時点での今年最安値107.31を起点とした短期サポートラインを維持する公算が強い。一方、上値の攻防分岐は直近高値114.73を起点とした短期レジスタンスラインとなろう。転換線と10日MAの上方ブレイクは、このラインをトライするシグナルとなろう。米長期金利が2.4%台の水準を回復後も反発基調を維持するならば、トライアングルの上限を突破し、114円を目指す展開を想定したい(チャート②参照)。尚、112.00にはビッド、113.00前後にはオファーが観測されている。

一方、ユーロドルもトライアングルの攻防が焦点となるだろうが、短期サポートラインの下方ブレイクをより意識する展開となろう。このラインを下方ブレイクする場合は、日足雲の下限の維持が次の焦点として浮上しよう(チャート③参照)。1.1700-1.1710のゾーンはビッドとストップが混在している。


【チャート①:米10年債利回り】

chart1_20171218


【チャート②:ドル円】

chart2_20171218


【チャート③:ユーロドル】

chart3_20171218

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 株式の基礎知識

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。

     

  • 株価

    株式なくしては、各国の経済に不可欠な株式市場は成り立たないでしょう。ここでは、株式取引が個人投資家の収入源と大きな資産になる一方、いかに企業の拡大・成長につながるかということを学びます。

  • 外国為替の取引方法

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。