40年以上の歴史
世界約185,000名の顧客
15,000以上のCFD銘柄を提供

米中首脳会談後の米ドル相場の反応

Overview

8日の海外外為市場に明確な方向感は見られなかった。ドル円は113.39まで調整が進行するも、NYタイムでは米金利の反発に追随し113.90レベルまで米ドルが買い戻された。一方、ユーロドルは1.16レベルを挟んで売り買いが交錯する状況が続いた。尚、本日早朝にニュージーランド準備銀行(RBNZ)が政策金利と声明を発表。政策金利は予想通り1.75%で据え置いた。一方、声明では利上げ予想を従来の2019年Q3から同年のQ2に変更したことで、NZDは対ドル&円で上昇する展開となった。

米国株式市場では、ダウ平均が前日比6ドル13セント高の23,563.36と連日で最高値更新の展開に。NY原油先物12月限は米国の石油在庫が予想外に増加していたことを受け、前日比0.39ドル安の1バレル=56.81と反落。一方、NY金先物12 月限は、外為市場で米ドル売りが散見されたことが意識され、前日比7.9ドル高の1トロイオンス=1283.7と小幅に反発して終了した。

bg_usdjpy_221087

Analyst's view

米紙ワシントン・ポスト(電子版)は上院・共和党が法人減税の実施を1年延期することを検討していると伝えた。本来ならば米金利の低下要因となるはずだが、昨日は各ゾーンの利回りはむしろ反発。米ドル相場のトレンドに影響を与える10年債利回りは2.30%台の水準を維持した。「議論はなお流動的」と報じられていることも考えるならば、共和党内では未だ大規模減税に対する統一されたスタンスが確立されていないことがうかがえる。この件にかんする目先の焦点は、下院の審議スピードにあろう。ライアン下院議長が言及した今月23日までに可決できれば米国市場はリスク選好で反応しよう。だが財源確保の問題を含め、今後共和党内で異論が噴出すれば、議会審議のスピード感は後退しよう。この点は、米金利の低下要因として常に警戒しておきたい。

本日の注目イベントは米中首脳会談となろう。米ドル安圧力を強めるリスクイベントとして注視したい。米ドル安圧力が強まる場合、ドル円は下値トライの展開が想定される。だが、日米株高トレンドに変化が見られない点を考えるならば、113円台を維持する公算が高い。テクニカル面での焦点は21日MAの維持となろう(チャート①)。113.20、113.10そして113.00にはぞれぞれビッドが観測されている。一方、ユーロドルは10日MAを上方ブレイクする展開を想定したい(チャート②)。
米中首脳会談が無風ならば、ドル円は上値トライを想定したい。本日の上値攻防分岐は114.50となろう。このレベルから114.70にかけて再びオファーが並び始めている。一方、ユーロドルは引き続き1.16を挟んだ展開を想定したい。上値が徐々に切り下がっている点を考えるならば、警戒すべきはダウンサイドにあろう。1.1550、1.1540および1.1500にはそれぞれビッドの観測あり。


【チャート①:ドル円】

chart1_20171109


【チャート②:ユーロドル】

chart2_20171109

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 注文とは

    ポジションを保有・清算できるいくつかの方法を学びます。単純な直接取引から、人がいなくても自動で指示を出すような取引までいろいろあります。注文取引により、利益額をあらかじめ設定したり損失額に対してストップをかけたりできます。複数の注文方法を紹介するとともに、利用方法を説明いたします。

  • 利点と制限

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • 外国為替市場

    世界最大で最も流動性の高い金融市場の仕組みについて理解します。どのように国際通貨が取引されているかをご説明し、ポピュラーマーケットの取引を開始する前に知っておくべき重要ポイントを押さえます。