FRB人事への反応とスーパーサーズデイ

Overview

1日の海外外為市場は、米ドルが対円で堅調地合いを維持した。この日の米国株式市場は、市場予想を上回った雇用関連指標、企業業績の改善期待そして米金融当局が景気について強気の見方を示したことを受け、ダウ平均とS&P500が続伸する展開に。株高に加え、FEDによる12月利上げ観測の台頭も合わさり、ドル円は114.28レベルまで上昇する局面が見られた。一方、ユーロドルは米欧間における金融政策のコントラストを背景に1.1660手前で上値がレジストされる状況が継続。一時1.1605レベルまで米ドル高が進行する局面が見られた。
NY原油先物12月限は、米石油在庫統計で原油在庫の減少幅が予想外に少なかったことを受け、前日比0.08ドル安の1バレル=54.30と5営業日ぶりに反落した。NY金先物12 月限は反発。しかし、世界的なリスク選好相場と米12月利上げ観測が圧迫要因となり上昇幅は限定的だった。前日比6.8ドル高1トロイオンス=1277.3で取引を終了した。

bg_boe_1503999

Analyst's view

ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)をはじめとする米メディアは、トランプ米大統領が次期FRB議長に現FRB理事のパウエル氏を指名すると報じた。これに対する米ドル相場と米10年債利回りの反応は今のところ限定的。今回の人事を受け、一時的に「米金利の低下→米ドル売り」局面が散見される可能性はある。しかし、FRBの業務に通暁し且つハト派のパウエル氏が次期FRB議長に就任することは、米国株式市場の関係者にポジティブ要因として捉えられよう。よって、米ドル安圧力が強まっても、株高を背景としたリスク選好相場がその影響を相殺することでドル円は底堅い展開が継続するだろう。本日も上値攻防分岐である114.50を視野に堅調地合いを想定したい。テクニカル面では2アベノミクスの最高値を起点とした長期レジスタンスラインの攻防が焦点となろう(チャート①)。投機筋の円ショートポジションの調整等で反落しても、21日MA(113.60前後)までの下げならば調整の範囲内と想定したい。

本日、最も注視すべきはスーパーサーズデイを迎えるBoEイベントとなろう。この点についての考察は、先月30日のレポート「BoEイベントとユーロドル」を参照されたし。今回の焦点は利上げではなく、インフレ見通しと追加利上げに対するカーニーBoEのスタンスにある。2016年Q3以降、英国のGDPは再び低下基調を辿っているが、インフレの上昇に対する懸念の方にカーニーBoEの意識が向いていることが確認されるならば、米欧のみならず英欧間における金融政策のコントラストまでが意識されよう。この場合、ユーロポンドの下落圧力がユーロドルに波及する展開を警戒したい。1.1660レベルがレジスタンスポイントとして意識されているタイミングでタカ派のスーパーサーズデイとなれば、先月27日安値1.1574トライを警戒したい。一方、FRB人事や税制改革期待の後退等を背景に米ドル売り圧力が強まれば、1.1660台の攻防へとシフトしよう。突破に成功するならば、テクニカル面では10日MA(1.1690前後)まで反発する可能性あり。


【チャート①:ドル円】

usdjpy_20171102


【チャート②:ユーロドル】

eurusd_20171102

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 市場参加者

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • 取引の前に

    金融取引において心理状態は重要な要素であり、どのように取引を理解し反応するかが成功に大きな影響を与えます。ここでは、取引での心理状態についていくつかの要素を紹介し、気を付けるべき一般的な過ちを確認していきます。

  • オートチャーティスト

    アナリストがどのようにチャートを使っているのかを学び、投資家の行動を勉強し市場パターンを理解しましょう。利用可能な様々なチャートの使い方を学習し、チャートが示す価格パターンを確認します。