インフレ見通しに強気のFEDだが

Market Overview

26日の海外外為市場は、米ドル買い優勢の展開となった。この日のイエレン講演を受け、米金利は各ゾーンで上昇圧力が強まった。米金利の上昇に伴い日米、米独利回りの格差が拡大したことで米ドルは対円で112.48、対ユーロで1.1757レベルまでそれぞれ上昇した。各利回り格差が終息すると、一転米ドル買い圧力が後退した(チャート参照)。

米株は、S&P500とナスダック総合が上昇。しかし、ベースメタル価格の下落、原油安そして高値警戒感が意識されたため、上昇幅は限られた。ダウ平均は4日続落した。
NY原油先物11月限は米ドル高が嫌気され、前日比0.34ドル安の1バレル=51.88ドルと反落。米週間石油在庫統計の発表を控えていることも上値を圧迫した。一方、NY金先物12月限も米ドル高を受け売り優勢の展開に。前日比9.8ドル安の1トロイオンス=1,301.7で取引を終了した。

bg_janet_yellen_1345558

Analyst's view

イエレンFRB議長は26日の講演で「物価の停滞は一時的」「緩やかすぎる政策調整に慎重になるべき」と発言。ダドリーNY連銀総裁に続き、米金融政策の方向性に大きな影響を与えるキーマン2人がそろってインフレ見通しに強気の姿勢を示し、且つ追加利上げにも積極姿勢を示したことで、昨日の米長期金利は反発。だが、上昇幅が限られた事実を鑑みるに、米債券市場はイエレンFRBが想定している程、インフレ見通しを楽観視しているわけではないことがうかがえる。債券市場におけるインフレ鈍化の懸念を払しょくするためには、やはり具体的な証拠、インフレ指標データの内容を確認することが条件となろう。この観点で考えるならば、29日のPCE指数は重要指標として注視したい。インフレ鈍化の懸念を払しょくする内容ならば、持続的な利上げ期待が意識されることで「米金利上昇→米ドル高」となろう。逆にインフレ鈍化のトレンド化がさらに進行していることが確認されるならば、逆の展開を想定したい。

ユーロドルは、米独利回り格差の動向に左右される状況となっている。前者の展開(=米金利上昇→米ドル高)となれば調整相場の継続、後者の展開(=米金利低下→米ドル安)ならば1.20台を再び目指す展開を想定したい。一方、ドル円は、株式動向次第で上値と下値のレベルが決定されよう。前者の展開ならば、直近高値112.71レベルを突破しよう。だが、米金融引き締め政策に対する警戒感が利益確定売り圧力を強める要因となれば、重要レジスタンスポイント114.50の突破は難しいだろう。一方、後者では、北東アジアの地政学リスクの動向次第で下値のレベルが決定されよう。現在の状況が続くならば、株高を背景とした円安圧力が米ドル安圧力を相殺することで110円台を維持する状況が想定される。だが、米朝間での軍事衝突のリスクがひとたび高まれば、一気に110円台を下方ブレイクし、108.00もしくは現時点での今年最安値107.31を目指す展開が想定される。チャート分析の詳細はテクニカルレポートにて。


【チャート:ユーロドル / ドル円レートと金利差】

chart_20170927

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • 取引プランを使う理由

    取引プランは、取引目標を明確にして達成する上で使用できるツールの一つです。ここでは、個人の計画を立てる方法と、それを実行する方法について解説いたします。

  • 「売り」取引の方法

    売りポジションの保有から取引をスタートする事により下落市場で利益を得たり、既に保有している金融資産のリスクヘッジを行うことができます。このセクションでは「売り」取引の仕組みについて学びます。

  • リスクの度合いを測る

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。