ドル円は「米金利低下 VS 株高」の綱引き状態へ

Market Overview

26日の海外外為市場は、米ドル安優勢の展開となった。7月FOMC声明を受け各ゾーンの米金利が低下。この動きを受け外為市場では米ドル安圧力が強まり、ドル円は高値112.20レベルから111.06レベルまで下落した。ユーロドルは1.1740レベルまで米ドル安が進行した。主要な欧米株式は、良好な企業決算と原油高が好感され堅調推移となった。ユーロ高を受けて尚、STOXX欧州600は続伸。米国株式市場ではダウ平均が1週間ぶりに最高値を更新した。ナスダック総合も3日連続の最高値更新となった。NY原油先物9月限は米石油在庫の減少が好感され続伸。一時、48.87ドルと6月1日以来の水準まで上昇する局面が見られた。

bg_usd dollar united states new 4

Analyst's view

年後半の米金融政策について「バランスシートの縮小開始は9月、利上げは12月」― 7月FOMC声明は、このような市場コンセンサスを形成させる内容だった。注視すべきは、バランスシート縮小のタイミングに関する文言の変更だろう。6月の声明文では「The Committee currently expects to begin implementing a balance sheet normalization program this year年内に開始」とした。だが7月のそれでは「The Committee expects to begin implementing its balance sheet normalization program relatively soon-比較的早期に開始」と変更された。今月中旬にカプラン・ダラス連銀総裁が「バランスシートの縮小は9月」とシグナルを発信してきたが、実際にFOMC声明で早期開始を示唆したことで、市場は「FEDが利上げよりもバランスシート縮小の方に軸足をシフトしてきた」点を意識しよう。バランスシートの縮小自体は米ドル高要因である。しかし、現状は利上げペースの不透明感につながりやすい。事実、昨日の米国債券市場では金融政策の方向性を織り込みやすい2年債利回りが、1.403%から1.351%まで急低下した。FEDがバランスシート縮小で焦る理由は2つある。ひとつは、来年2月で任期切れとなるFRB議長の人事が不透明な点だろう。不透明である以上、イエレン氏が在任中、早期にバランスシート縮小の道筋をつけたいとの思惑が透けて見える。もう一つの理由が、インフレの鈍化である。2017年に入り急速に鈍化するインフレを考えるならば、FEDが利上げを急ぐ理由はない(9月利上げを実施する理由がない)。トランプ政策への不透明感だけでなく、利上げペースへの不透明感まで意識され始めてきた状況を考えるならば、米金利が持続的な上昇基調を描くのは難しくなってきた。
ドル円は目先「米金利低下=米ドル安」を「株高=円安」が相殺する相場環境へシフトする可能性が高い。だが、2017年以降、米金利との相関性が高まっている事実を考えるならば、緩やかな下落トレンドの形成を想定したい(チャート①参照)。本日のドル円は、再び日足の雲が攻防分岐となろう。111.60前後で推移している下限を下方ブレイクすれば、節目の110円トライの可能性が高まろう。逆に株高維持によりサポートされるならば、111.00-112.00を中心としたレンジ相場を想定したい(チャート②参照)。リトレースメント38.20%の1.1736レベル(過去3年間の高安1.034-1.4)を突破したユーロドルは1.18を目指す可能性が出てきた。反落しても通貨オプション市場におけるユーロコール需要の高まりを考えるならば、1.16台は維持しよう。


【チャート①:ドル円と日米利回り格差】

chart1_20170727


【チャート②:ドル円のテクニカルチャート】

chart2_20170727

本レポートはお客様への情報提供を目的としてのみ作成されたもので、当社の提供する金融商品・サービスその他の取引の勧誘を目的とした ものではありませ ん。本レポートに掲載された内容は当社の見解や予測を示すものでは無く、当社はその正確性、安全性を保証するものではありません。また、掲載された価格、 数値、予測等の内容は予告なしに変更されることがあります。投資商品の選択、その他投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたしま す。本レポートの記載内容を原因とするお客様の直接あるいは間接的損失および損害については、当社は一切の責任を負うものではありません。

無断で複製、配布等の著作権法上の禁止行為に当たるご使用はご遠慮ください。

投資手法・戦略ガイド

  • レバレッジとリスク

    レバレッジを利用することで、比較的少額の初回支払金額でどのように金融市場に大きなエクスポージャーを得ることができるか学びます。レバレッジは利益を増幅させることができますが、同時に損失リスクも増大するため、利用には注意が必要であることを説明しています。

  • リスクの種類

    すべての金融投資は一定のリスクを伴います。直面するリスクを計算し、理にかなった方法でエクスポージャーを管理することで、どのようにポートフォリオを守れるか学んでいきます。

  • 株価指数の基礎知識

    主要株価指数と非主要株価指数の目的、さらにその算出方法について理解します。世界で最もポピュラーな取引商品のいくつかを例に挙げ、株価指数という乱高下の激しい市場のエクスポージャーを得る方法を学びます。